オペアになってみた in USA

保育経験ゼロから20歳でオペアになった私のアメリカ生活いろいろ。

私が利用したオペアエージェンシーの良いところ、悪いところ。

 

 

こんにちは。もう5月!!

日本ではゴールデンウィーク真っ最中。

私の今週のミッションは2歳のホストキッズが自転車の練習中、怪我と転倒にヒヤヒヤしながらも暖かく遠くから見守るです。(だいたい転んで泣く)

 

 

 

 

 

 

今日のお題はオペアのエージェンシー。

 

 

 

 

アメリカでオペアをするには、まず日本のエージェンシーに登録しなければなりません(取得するビザがJ-1なので、どこかのエージェンシー会社に所属が義務づけられているから)

 

 

 

 

オペアは日本で認知度が低いのでエージェンシーの数も少ないです。

エージェンシーによって料金、サポート体制やリマッチの期間まで違います。

そこで今回は私が利用したイントラックスについて書きます。

 

 

 

www.intraxjp.com

 

 

 

 

 Intrax(提携先:Aupair care) 

  イントラックスは日本で初めてオペアを米国に派遣した最大手エージェンシーです。

オペアをするにあたって渡米前に払うプログラム費用:30万円

その30万円の中に含まれているのが、

 

・日本ーアメリカ間の往復航空券

・プログラム参加費用

・疾病傷害保険

・日本とアメリカのイントラックスによるサポート

・3日間のニューヨーク近郊でのオリエンテーション

 

私も利用しているのがこのイントラックス。

 

2014年4月にエージェンシー登録し、2015年5月に渡米。

登録前は沖縄で説明会に行き実際にお話を聞きました。

担当の方とはメール、電話で連絡を取りながらオンラインでアップするプロフィールを完成させたり、その他必要な書類を準備しました。

 

渡米日が一緒の日本人のオペアさんの連絡先を教えてくれたり、質問があった時もすぐ対応してくれたりと心配なくスムーズに準備ができました。

 

私がイントラックスで良かったなぁと思ったのは、

・利用しているホストファミリーの数が多い

・オペアの数も多いので近所に住んでいる友達がたくさんできる

・複数のファミリーと同時にインタビューができる

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20161001102103j:plain

 

 

 

 

渡米後はすぐ、NYオリエンテーション

搭乗口を出たところで送迎の方が待っていてくれたのでアメリカ到着後も迷う事なく目的地へ。

世界各国から集まったオペアになる子たちが一斉に講習を受けます。

 

オリエンテーションの様子がコチラ↓

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170503112903j:plain*1

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170503113239j:plain

*2

 

 

私の時は約100人くらい(そのうち日本人3人)

講習は全部英語です。時差ぼけの日本人オペアにとっては地獄です笑

3日間研修を受けた後、いよいよオペアをする家庭へ行きます。

 

ホストファミリー宅へ到着してからは、24時間以内にエリアディレクター(AD)から連絡が来て、1週間以内には家庭訪問としてADがホストファミリー宅に来てくれます。

 

ADからは月1回連絡が来ますし、連絡すると1日以内にすぐ返してくれます。

オペアミーティングも月1回あり。

 

 

私の住んでいるエリアには30人以上オペアがいます(日本人私だけ)

 

エリアディレクター(AD)は超ゆるい人なので毎回ミーティングに行かなくても、来て!とか言われた事はないんですが、サンフランシスコの時のADは2ヶ月に1回は来ないとダメって感じでした。

ミーティングも今のエリアはカフェがほとんどですが、

サンフランシスコ時代は野球観戦、ブロードウェイ、プールと楽しめるミーティングが多かった。

なのでエリアによってはきちんとミーティングを企画しているところもあるし、ゆるすぎて大丈夫?誰も来てない。ってとこもあります。

 

学校については、オペアが通える学校がいくつか載っている紙を渡してくれて、メールではセメスターごとの語学スクールのお知らせとかも送ってくれます。

 

 

 

私は1年目でリマッチしましたが、その時もADがすごくナイスな人でホリデイシーズンにもかかわらず親身に相談にのってくれて、新しいファミリーに行く時も背中を押してくれました。

今考えたらすごく迷惑だったと思う。だってクリスマス真っ最中にリマッチなんて笑

ADによってはオペアの事をケアしないでファミリー側の味方になる人もいて、苦労したオペアもいます。本当はオペアとファミリーの間で中立する場なんだけどね、ADは。

 

リマッチの猶予期間は2週間です。

他のエージェンシーは1ヶ月のところもあるのでリマッチ期間だけのばして欲しいと切実に思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、私の意見を書いてみました。

オペアエージェンシー比較的な記事も書こうと思っているので他のエージェンシーを利用しているオペアさん、情報ください。

 

オペアケアはこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:こんな感じでみんなでHow to be a good aupairみたいな話を聞く

*2:ケアする子供の年齢別に分かれて講習を受けている様子