読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オペアになってみた in USA

保育経験ゼロから20歳でオペアになった私のアメリカ生活いろいろ。

アメリカに住みたい若者にオペアをオススメする理由。

 

 

 

 

こんにちは。今日は金曜日です。家に誰もいないのでNetflixナイトです。

オペアはホストファミリーと一緒の家で暮らすので1人ってめずらしいんですが、私の場合は休みの日は誰もいない日が多いのでリラックスできます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回のお題は私がオペアをおすすすめする5つの理由です。 

 

私は19歳の時にオペアの存在を知り、約1年間の準備期間を得てアメリカに渡米しました

渡米した時はまだ20歳で、英語も少し話せるくらい。

 

 

 

周りの海外に興味がある友達はほとんど、ワーキングホリデーでオーストラリアやニュージーランドに行っているなか、私はアメリカでオペアになる道を選びました。

 

 

そしてアメリカに渡米してからオペアは本当に良い制度だと身を以て感じたんです。

でも日本ではそもそもオペアが知られていない。オペアって何?って聞かれる度にこんな良い制度なのに知っている人が少ないんだな〜と常々感じていて。

 

 

 

 

オペアって本当にメリットがたくさんあるんですよ。

私なりにまとめてみた5つの理由はこちら!

 

 

http://i1.wp.com/fundforstudents.org/wp-content/uploads/2013/12/Au-pair.jpg

 

 

  1. 18〜26歳以下しかなれないとゆう年齢制限あり
  2. アメリカ国内のどこにでも住める
  3. 最長2年間しかできない
  4. ホストファミリーからお給料がもらえて、語学学校にも通える
  5. 保育資格が必要ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.aupaircare.com/sites/default/files/images/AuPairCare%20Au%20Pairs%20in%20Hoodies.jpg

 

 

1つめ。

18歳以上26歳以下しかなれない

ワーホリビザ申請時の年齢制限がすべての国で18〜30歳なのに比べて、

オペアは年齢制限が低いです。8年間しか期間がない!

20歳で日本を飛び出し、いろんな国の友達を作ってアメリカに住めた。

英語も好きなだけ学んで渡米前より上達できた。

限られた時間の中でオペアになりアメリカに住めるのは自分の力になる、将来への自信にも繋がると私はオペアの2年間を通して学びました!

なので、若くて海外に行きたい!住んでみたい方にはぜひおすすめしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://15474-presscdn-0-13-pagely.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2016/02/Travel-with-Jane-USA.jpg

 

 

2つめ。

アメリカ国内のどこにでも住める

希望すれば(ファミリーとマッチすれば)南国のハワイにだって住めちゃうし、極寒のアラスカにだって住めるんです。

日本人の憧れの街ニューヨーク、西海岸のロサンゼルスにだって!アメリカ国内のどこにでも住めます。

私は1年目はサンフランシスコ、その後リマッチしてここワシントンDCへ来ました。

 

ちなみに私のエージェンシーはオペアになる前にニューヨークで3日間の研修があり、ファミリーの家に到着する前にNYに滞在できます。

 

 

 

 

3つめ。

最長2年間しかできない

オペアには最長2年間しかできないとゆう規定があります。

1年間同じ家庭でオペアをして、その後半年、9ヶ月、12ヶ月の延長が選べます。

(最初の1年間が終わった後はファミリーチェンジができます)

  あっと言う間です。2年間。

他の国から来てるオペアも同じく2年間の規定なので

仲良くなったのに帰国が迫っていたり、先に国へ帰っちゃったりなんてことよくあります。正直寂しいですが、いろーんな国のお友達ができる!それがメリットでもあります。

 

 

 

 

4つめ

ファミリーからお給料がもらえて、語学学校も通える

ファミリーからは週給で(ホストキッズのケア)のお給料が貰えます。

衣食はホストファミリーが負担なので旅行資金も貯めれますし、アメリカはとにかく服や靴が安い!

日本で人気のブランドも半額くらいで買えたりします。セール中のForever21なんて1着5ドルくらいで服があったりします。

そして、オペアは語学学校にも通えます、とゆうか通わないといけないです。

学校費用で500ドルはホストファミリーが負担するとゆう規定があるので学校費用500ドル分以下はファミリー負担になります。

無料の学校もあるし、平日は忙しいオペアのために週末コースの語学学校もあります。

私は仕事のスケジュールが不規則なのでオペア限定の週末コースに通いました!

隔週2回、ワシントンDC内の大学構内で講座を受けて

週末にはフィラデルフィアにみんなで旅行(修学旅行的な)に行くコースでした。

色んな国のオペアに出会えて友達もたくさんできて、ついでに旅行もできて楽しいコースでした。

この週末コースは色々な州でやっているので忙しいオペアさんには超おすすめです!(ただ宿題がめっちゃ難しかった...)

 

 

 

 

5つめ

保育資格が必要ない

オペアはホストキッズのケアをするのが仕事ですが、保育士資格又は幼稚園教諭資格は必要ありません。

ただし、200時間以上の保育経験が必須です。

私は保育士資格も保育経験もなかったのでアメリカに来る前に保育園で実習生として保育経験を積みました。(学校経由でもなかったので何十件もの保育園に電話かけまくっては断れまくりました笑)

私がオペア準備期間中に一番時間がかかったのは保育実習先を見つける事でした。

なので知り合いの方やお友達に保育士さんがいるなら、保育園情報を聞いたりするのも良いと思います!

オペアは比較的に元保育士さんが多いですが、経験無しで20歳だった私でもなれました。

他の国の子(特にドイツやコロンビア、ブラジル)出身のオペアは18〜22歳と若い子が多いですし、保育士資格も持ってない子がたくさんいます。

ドイツはオペアが盛んな国なので高校卒業後オペアになる子も多いと聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?

 

これがオペアをおすすめする理由です。

本当に良い制度なんですよ。

 

1年以上アメリカに住む意思があって子供のケアが好きな子にはもってこいだと思います!