オペアになってみた in USA

保育経験ゼロから20歳でオペアになった私のアメリカ生活いろいろ。

知らない男が家にいた!? 喧嘩から仲直りまでの道のり

 

 

こんにちは。暑すぎて溶けそうなワシントンDCよりお送りしています

 

 

 

 

 

 

 

今日はホストママといざこざがあった去年の夏のお話(もうとっくに昔の話みたい)

について書きます。あー大変だったあの頃が今では懐かしい笑

 

 

 

 

 

前の記事にも書きましたが、私はオペアです。

前のファミリーとリマッチしてここワシントンDCに辿り着き、

今のファミリーを見つけ、生活しています。

 

 

 

 

ホストママはシングルマザーなので、

私がオペアをしている家にパパはいません。

子供は親権上の決まりでママ家、パパ家を行ったり来たり。

 

 

 

去年の夏はまだ子供が小さくて、それなのに子供をいったり来たりさせないといけないし 子供も疲れてストレス溜まったりして、機嫌が悪かったり

パパがいないとやっぱりオペアにも精神面、身体面ともに負担が多かった。

 

 

 

 

最初は「シングルママで双子を抱えて大変だな」って思いから何でも手伝っていて

(朝おはようから夜おやすみまでの家事全般)

子育てって体力いるし、しかも双子

それはよくわかってたから、子供のパパの愚痴を聞かされても「あぁ〜そうなんですか〜大変ですね」

とか言って聞いたりしてて。

 

 

 

 

 

 

 

でも日が経つにつれて疑問が湧いて来て、

あれ?私がするべき仕事は子供のケアなのに

どうして1から10まで全部やってるんだろう?おかしい。。。

 

 

 

 

でもホストママも仕事、子供、オペアを抱えているわけだし、それってそんなに簡単にできる事じゃない。

いっぺんに「これはもうできません。やりません」と言うのもなぁ

と色々考えて、

徐々にこれは私のやるべき事ではありません、と伝えたり

やらなくて良い事はやらないと決めた矢先、事件は起こりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供がいない日、外出先から帰ると

 

家に知らない男の人がいました。

 

 

 

 

 

 

 

何も驚く事ないでしょ〜と思う方もいると思うんですが、

私とホストママの間にはルールがあって(私がこの家に来る前にメールで送ってもらったハウスルール)

に基づくと、家には男の方を呼ばない、上げない とゆうルールがあったんです

 

 

 

びっくりしたのと同時に、何か言ってほしかったと思いました

離婚しているんだから恋愛しようと、男と一緒にいようと彼女(ホストママ)の自由です

そこを否定するつもりはないけど、ルールはルールじゃないですか。

自分で作ったハウスルール、自分で破っとるやん。

 

 

 

 

その後、何日たっても彼女からその事についての話はありませんでした

そして私は、またこうゆうことがあるのかな?とか思ったり。

 

 

 

 

そのまま事を穏便に済ませようとするなら何も聞かずに終わってた

だけどそんな事できない(したくなかったので)

 

 

 

 

 

 

 

話があります。と切り出し、

 

 

「男の方を家にあげるのはダメだってルールなはずが、家に帰って来て知らない人がいてびっくりした。一緒に生活しているから最低限のルールとして決めたことは守ってほしい。その後、何も話がなかったのもイヤだった」

 

 

 

と伝えました。彼女からの返答は

 

「だってここ私の家だから、いいじゃない」

 

 

 

 

 

あなたの家でもあるけど、私の住んでる家でもある。

そしてその時言われた事がショックと怒りで、

 

「ひとり暮らしではない環境で、お互いの生活を尊重できないなら

私は一緒に住めません。今日荷物をまとめて出て行きます。

 

 

 

 

 

 

 

正直本気で出て行くつもりでした。

それくらいの覚悟がないと出て行くなんて言えないですよね笑

 

 

彼女は考え直し、自分勝手な事言ってごめんねと言ってくれて、

喧嘩とギクシャクした日々は終わりました。

 

 

 

 

 

 

その後はなんとか円満(?)に

時には喧嘩もしつつ、そのたび軌道修正しながら暮らしています

 

 

 

ホストママと一緒に暮らしながら学んだ事は

「腹を割って話し合うことの大切さ」です。

そしてオペア生活においてファミリーとうまくやっていくコツ

 

 

 

 

時には我慢も必要だけど、話し合うことも大切だと感じます。

 

正直に言う事で問題解決につながるし、

また同じシチュエーションがあった時には前もできたから!ってゆう自信にも繋がると思います

日本人には難しいですけどね。ついつい言うの怖いからとか思って我慢しちゃったりするし。

 

 

 

 

 

でも、我慢せずに正直に言う事がどれだけ大切かを学んだ昨年夏のお話でした。