オペアになってみた in USA

保育経験ゼロから20歳でオペアになった私のアメリカ生活いろいろ。

わたしのオペアの1日はこんな感じ

 

こんにちは。

が咲いている(散りかけ)ワシントンDCよりお送りしております

 

 

ここのエリアには桜の木がたくさんあり、その木は日本から送られてきたものだそうです

去年で日本から桜が送られてから100年経った今も元気に咲いています

今年は3月に雪が降ってしまったので枯れかけが多いけど...

それでも日本人としては綺麗に咲いた桜を見ると和やかなホッとした気分になりますね。

 

そんな気分も束の間、ホストキッズの兄弟喧嘩の仲裁おまるトレーニングに奮闘している毎日...

 

 

 

 

 

オペアはホストファミリーと一つ屋根の下で一緒に暮らし、子供のケアをする国際文化交流プログラムです

 

日本ではまだまだ認知度が低いし、そもそもベビーシッター制度があまり広まっていない。

だから日本人の方にとってはオペアのイメージがなかなか湧かないと思うんです

 

 

 

 

 

 

 

 

とゆう事で今回は私のオペアとしての1日スケジュールを大公開。

(スケジュールはファミリーによって異なりますが、オペアには週45時間以内とゆう労働基準があります)

 

 

 

7:30ー起床、準備

 

8:20ー朝ご飯(この時間にはキッズも起きているのでだいたいみんなで一緒に食べる)

 

9:00ー仕事開始、キッズとの外出準備(おやつ、着替えetc.)

 

9:30ーキッズとお外へ(公園、散歩、ミュージアム、天気が悪い時は室内プレイエリア)

 

11:30ー帰宅、ごはん(キッズはうどんとみかんが好物)

 

12:15ーお昼寝前に本を読む、オムツ替え&着替え→お昼寝

 

15:00ー起こす(だいたい機嫌悪い)、オムツ替え

 

15:30ーおやつ(その日の希望を聞くけど、だいたいシリアルとみかんとゆう返答)、機嫌回復

 

16:30ー午後の部お外タイム

 

17:30ー帰宅、手洗い、オムツ替え

 

18:30ー夜ご飯(味噌スープかコーンスープが好きなので子供がお昼寝の時間に作っておく)

 

19:00ーホストママ帰宅、私の仕事終了

 

 

 

 

ざーっとこんな感じ、こうみると、、、長い!!

 

 

でも私はファミリーの都合上まとまった休みが定期的にあるので

働きすぎてもいないんです

 

たまに時間がオーバーしそうな時はホストママが気づいてくれるか、もしくは自分で言います。オーバーになるから時間を考えてくださいと(最初は言いにくかったけど慣れた、そして気づいてくれるようになった)

 

 

 

キッズが3歳だから、お昼寝を寝すぎなぐらいする元気いっぱいボーイズなので

その手が空いてる時間におやつの準備、夜ご飯の準備をしたり、少し休憩してNetflixみたり、勉強したり。

 

 

 

 

ファミリーも私のスケジュールを気遣ってくれたり食べ物も好きな物買ってくれたり、

朝と夜は私が外出しない限り一緒に食べたり

割と仲良しでたくさんコミュニケーションを取る家族で(ここに辿り着くまでには山あり谷ありだったけど)

 

キッズも可愛い、とにかく可愛い、懐いてくれててしかも3歳でもうジェントルマンなので関心する。どっから覚えるんだろうな。。。。

 

 

 

 

そんな感じで私は毎日楽しく、そして穏やかに過ごしています

DCエリアはミュージアム(しかもほとんどのミュージアムが無料)、歴史的建築物が多くあるのでキッズと一緒に楽しめる、そして自分も楽しんじゃう。

 

 

 

最近はおしゃべりが上手になってきて、日本語と英語を織り交ぜて会話してくるので私は理解しようと頭をフル回転。

今日停まっている電車を指差しながら「くーけーちゅ」とずっと叫ぶ。。。。。

休憩中ね。。