読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オペアになってみた in USA

保育経験ゼロから20歳でオペアになった私のアメリカ生活いろいろ。

カリフォルニア州運転免許証が届かない!免許を合格してから受け取るのに1年かかったお話。

 

 

こんにちは、ひろ子です。

ジム通いが趣味になりつつあるんですが、

アメリカのジムは時間帯によって年齢層と性別が違っておもしろいなぁと思いました。

今日は午後2時に行ったところ

おば様方ばかりで、ウォーキングマシーンめっちゃ混んでる。

いつもは夜7時頃行くので私がやりたいウエイトの器具はムキムキなお兄さん達が使っていることが多いんですが、2時に行くと誰も使ってませんでした。

 

いつも筋トレを教えてくれる友達に感謝!

1人で行くのとはやっぱりモチベーションが違いますね、インスパイアもされるし。

お陰で下半身がガッチガチの筋肉痛です。

 

 

 

 

 

 

さて、今日は

アメリカ運転免許を合格してから受け取るのに1年かかったお話です。

 

これは私の実体験です。

そしてずっと記事にしたくて温めておいたストーリーです笑

免許取るのに1年じゃないんですよ、合格してから受け取るのに1年かかったんです

国土が広く多くの都市では交通機関が発達していない車社会のアメリカ。

どこへいくにも車が必要不可欠です。シティーよりも田舎に住んでいたカリフォルニア時代、学校へ行くのにも車が必要で、毎日運転していました。

アメリカに来てから1番苦労したこの運転免許問題、長くなりますが記事にしてみました!

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BAY100mr6RV/

Santamonica, Los angels

 

 

 

アメリカと日本は「ジュネーヴ条約」に加盟しているので、国際免許証は観光及び商用等の目的で訪米した短期滞在者に対してのみ有効となります。

カリフォルニア州法は、「州内に住居を定めた日から10日以内に州政府の発給した運転免許証を取得しなければならない」

なので、カリフォルニアに「住む」場合はカリフォルニアの運転免許を取得する必要があります。

学生、駐在、オペア、配偶者、その他カリフォルニアに住むすべての日本人です。

なお、アメリカでは運転免許証取得に関する手続きは州管轄なので、カリフォルニア以外に在住の方は各州の情報をお調べください。

 

 

カリフォルニア州運転免許証を取得するには

1、ビザ(滞在資格)の残存期間が60日以上あること、

2、運転免許申請料が33ドル必要になります。

手続きする前に必ずビザの有効期限を確認、60日以上ないと免許証は取得できません

 

 

 

 

 

2015年5月15日にオペアとして渡米した私は、

仕事中運転する事が多く、カリフォルニア運転免許を取らなければいけなかったので、

ホストパパと一緒にカリフォルニアの免許センター「DMV」に出かけ、運転免許申請。

まずはハンドブック(運転マニュアル)とDL44(申請書)を窓口でもらいます。

DMVは平日朝1番に行っても並んでいる場合があるので、要注意。

窓口の人はだいたい無愛想ですが、あるあるなので気にせずに。。。

(ハンドブックとDL44はどちらもネットからダウンロード可能です)

 

 

こちらのサイトでDL44の書き方について日本語で詳しく記載されています。

DL44記入方法はコチラのサイトを参考にしました↓

カルフォルニア運転免許を取得方法、DL44書き方

 

 

 

 

DL44を記入後、筆記試験を受けにDMVへ。

申請に必要な書類を持って行きます。この書類、1つでも足りないと帰されてしまうので入念に確認してから行きましょう!私はI-94が足りてなくて帰されました!笑

(ソーシャルセキュリティナンバー、日本の運転免許証、パスポート、I-94)

2回目はとりあえずアメリカ入国時の書類は全て持って行きました。

 

 

 

*筆記試験はオンラインで予約してから行きます。非常に混んでいるので最寄りのDMVを検索して早めに予約しておくのがおすすめ

1週間後まで予約がいっぱいの場合もあるので早めに見ておいた方がいいです。

 

こちらがDMVサイトになります↓

www.dmv.org

 (1番上にあるSerchの欄に自分の住所を入れて検索すると、最寄りのDMVが出てきます )

 

なお、カリフォルニアではほとんどのDMV日本語筆記試験を受けることができるので、英語の問題を練習する必要はありません!

 文章問題36問、標識問題が12問で合格基準は誤問6問まで、再試験の方は3問までです。

日本の試験に比べると簡単ですが、時が経ってかなり忘れていたのと落ちたくなかったので問題をしっかりと暗記して望みました。

選択問題なので過去問題やハンドブックを暗記しておくと間違いなく合格できると思います。

 

 

 窓口のお姉さんに日本語の筆記試験問題をくださいと伝え、

 紙を渡されて、「空いてるところでやってきて、終わったら持って来てね」と

筆記試験は立ってやるスタイルで日本よりもかなりカジュアルな感じで行われています

机に向かって静かな場所でやるのを想像していたのでかなりビックリ笑

終わったらテストの答え合わせをその場でしてもらい、合否確認。

英語で試験を受ける場合、単語や文章の意味がわからない時はDMVの試験管に聞くと身振り手振りで意味を教えてくれることもあるみたいです。

わからない時はわからないから説明してほしいと聞いてみるといいかもしれません!

 優しい方もいれば何も教えてくれない方もいるので、これは運ですね。。。

 

 

 

私は筆記試験は1回で合格、その場ですぐに仮免許(ただの紙)を発行してくれました。

顔写真付きですが、この写真もテキトーに撮られちゃうのでかなり間抜けな顔に。。

日本の免許証を持っている場合は、仮免許取得後2ヶ月以内に本免許を取る必要があります。

2ヶ月もあるから〜と思ってゆっくりしていると2週間後まで予約が取れないなんてこともあるので、時間がある日に早めに行くことをおすすめします。

DMVは本当にどこよりもに混んでいるので、朝イチで行くとわりとスムーズだと。

 

実技試験時に必要な書類は

1、車の保険カード(Insurance card)

2、車のレジストレーションDMV Registration card)

3、仮免許証

この3つの内1つでも忘れると実技試験は受けられません。

 

予約した時間にDMVへ行き、窓口で指紋を取り終わった後、車を所定の位置に止めて車内で試験管を待ちます。

(私は1時間くらい車で待ちました)

 

私はラッキーだったみたいで、かなりフレンドリーなお兄さん試験管。

「あ〜君ジャパニーズね。ならしっかり運転できるね!ジャパニーズは運転上手いよ」

と笑いながら雑談して、試験開始。

実技試験の紙にサインした後、停車した状態で試験管が指示したライトやシグナルを出します

テンパりたくないので指示の英語はゆっくり言ってくださいと伝えました!

(ハンドシグナルはホストママと練習したので完璧にマスター)

 

実技試験についてかなり詳しく書かれているので

参考になりました↓

カリフォルニア州の運転実技試験の合格方法

 

仮免許を取得してから毎日1時間くらい運転していたので左ハンドルにはすでに慣れていたのと、

シグナルを出すのも前日に練習したのでクリア。

間違えるよりも、英語が聞き取れなかった時は「もう1回言ってください」としっかり伝えることを心がけました。

実技で路上を走ってる時も試験管のお兄ちゃんがゆっくり英語を話してくれたのと、思っていたよりも難しくない実技試験だったので無事合格!(今思えば手抜きだったのかも。。)

5分くらいDMVの近所を走って「はい合格ね〜」で終了。

 

 

その後、窓口で紙の免許(カードが届くまでこれです)をもらい、手続きは終了

ここまでくるの長かった、、けどやっと免許ゲット!と思い有頂天。

2〜3週間で届くから、待っててね〜とのことでした。 

 

 

  

 

その後郵送されて届くはずの免許証が待てど暮らせどは届かない

2週間 そして1ヶ月が経過、しかし全然届く気配なし。

友達から、4ヶ月待ったとか半年待ったと話は聞いていたので、私も半年待つのかなと思いながら3ヶ月が経過。

仮免許(紙切れの)有効期限も切れそうだったのでまたDMVに出向くことに、

「届かないんですけど、どうしたらいいですか?」と聞いたところ 

「とりあえず仮免許証を延長したのあげるから、まだ待って」とのこと。

待ってみても、もちろん免許証は届かず。

 

 

その後に私は急遽ワシントンDCへ引っ越すことになったので、

仮免許証のままDCへお引っ越し。

新しい家に着き、ホストママに免許のことを話したところ、

「もう10ヶ月も経ってるのに届かないはずない!何かがおかしいよ」

と言われ、そうだよね〜と思い、DMV本部に電話をかけてみる。

朝9時にかけても45分待ちました(たぶん届かない人からの電話殺到)

 

 どうやら、外国人は免許合格後、情報はDMVの本部に送られるそうです

本部の法務によって合格者が合法的に滞在しているのか調べられます

そしてこの段階で書類に不備があると滞在状況の調査ができずにストップしているみたい(私はこの状況だった)

何も知らされず、ストップしていた10ヶ月 もっと早めに電話しとけば良かった。

電話を受け取った方に書類足りてないと思うから、全部送って!確認が取れたら連絡します。と言われ

提出したはずの書類をまた送り直し、その後1ヶ月連絡なし。。

しびれを切らしまた電話、今度は1時間以上待ってやっと出てくれて

「あの〜書類提出したんですけど、まだですか?」と再度確認

すると、確認してから1週間以内に連絡しますとのこと。

4日後、電話が来ました!

「もう必要書類は揃っているから、2週間以内には免許証が届くと思う」

今度こそ、届くはずと信じて待ってみる。

1週間後、ポストの中にはDMVからのレターが!ちゃんと届きました、運転免許証!

 

 

 

1年越しの運転免許証がやっと手元に、、

それはもう涙も出るほどの喜びでした。

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170527113414j:plain

 

やっと届いた運転免許証

カリフォルニアの免許、デザインが可愛いんですよね。

California Republicの旗のくまさんが入っていたり、

なぜか葛飾北斎の浮世絵っぽいのも入ってますね、これはなんでだろう?

この後すぐ免許がエクスパイアになったのでバージニアDMVに出向き、免許更新

なんと4日で届きました、仕事が早いなバージニア

 

 

今現在もバージニア州の運転免許証なんですが、写真も白黒でデザインもシンプル。

他州の免許もたくさん見てきたけど、やっぱりカリフォルニアが1番かわいい!

IDとして持ち歩く免許証、アメリカ生活には欠かせません。

運転が必要ない方でもDMVに行けば身分証明証のIDだけ発行してくれるので、大きなパスポートを持ち歩く必要はなくなりますよ〜

 

 

ググるとたくさんヒットするこのDMV問題。

みなさんも無事免許をゲットできますように。。届かなかったら即電話しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャスティンビーバーも大好きな映像監督のローリークレイマー(Rory Kramer) 彼の人生観が素敵すぎる!

 

 

こんにちは。

週末旅行からDCに戻って来ました。

ホストファミリーと久々のロードトリップ。

いかに低予算で収めるかを重視している私のひとり旅では宿泊できないリッチでデラックスなホテルに泊まらせてもらい、ご飯はカニとステーキ。そしてお酒。

ヒロがオペアとして行く最後の旅行になるからね〜と一生懸命プランを考えてくれたホストママ、片道6時間を往復運転してくれたホストママ。

そして午後はほとんど休みにしてくれたホストママ。

食べて助手席で居眠りしてばっかりのオペアなのに可愛がってくれてありがとう。

帰り道は渋滞の中、山手線ゲームに付き合ってくれた優しい自慢のホストママです。

 

 

 

 

 

 

 

 


Avicii - The Nights

 

突然ですがみなさん

このPVに出てるとーっても楽しそうなロン毛の彼、誰だか知ってますか?

彼はただPVに出ている俳優さんではありません。

そう、彼こそが私もカナダ出身の大スター、ジャスティンビーバーも大好きなローリークレイマーです。

 

 

一体、彼は何者なんでしょうか?

私も数年前にこのPVを見てからずっとファンですが、今でもいまいちわかりません。

彼のインスタグラムによると、ローリーは「Professional life liver(人生のプロ)」だそうです。

かっこいい。 インスタ見るだけでも惚れちゃいます、彼の生き様に笑

高いとこからジャンプしたり(半端ないです)、車の窓ガラス割ってみたり、トランプのモノマネしてる動画アップしたり。

とにかく彼のインスタは何を見てもワクワクして楽しい、そして愉快でクリエイティブ。

スナップチャット機能(24時間で消えちゃうやつ)も1日15回くらい、かなり頻繁に更新していて

それもとにかくおもしろいんでついつい見ちゃうんです。

 彼には人を引きつけるパワーがあるんだと思います。とゆうか見ていたらハッピーになる!

 

 

 

 ローリーは人生のプロとして生きているだけではなく、とってもマルチに活躍しているんです。

世界的に有名なDJのツアーに同行し、ライブビデオを作ったり

USチャートで12週連続1位をキープして去年ラジオで毎日毎時間かかっていた The chainsmokers  の大ヒット曲「Closer」のリリックビデオを作ったり。

この曲毎日かかってたなぁ去年。歌詞見なくても全部歌えちゃいます。

そしてフォトグラファーとしても活動してるそう。

高い場所から飛び降りるエクストリーム・ジャンパーでもあります。水上スポーツもかなりの腕前。

 

 

 

 


The Chainsmokers - Roses ft. Rozes

 このビデオもローリーが作ったもので、

彼がThe chainsmokersに同行して行った世界各国の映像を彼らの曲ROZESに合わせて作ったもの。ちなみに日本も出て来ます!

このMVを見るたび旅に出たい気持ちを掻き立てられます。

 

 

 

 

 

今や売れっ子フォト/ビデオグラファーとなった彼ですが、

Ted talkで彼の30歳からの新しい人生について語っていました。

 

夢と目標もないまま大学を卒業して周りと同じように新卒で就職した

朝の9時から17時まで働いて、そんな人生を歩むのが正しいとその時は思っていたんだ。

趣味だった映像制作もだんだんやらなくなって、

「周りの人生楽しんでる奴らが羨ましい」「仕事に行きたくない」

「なんのために仕事をしているんだろう?」ネガティブでな事ばっかり考えていた。

辛すぎて現実から目を背けるために仕事前、ウォッカを飲んで仕事に出勤していたし、

 ネガティブなことばかり言って、友達からは、君といるとネガティブな事しか言わないから、僕は君とはもうつるみたくないと遠ざかられ、生きる意味を見失って、仕事も楽しくなかった。

 

そんな時、お母さんが甥っ子に

大きくなったらローリーみたくなりたい?

って聞いたんだ。そして俺はその時、絶対甥っ子にはこんな大人になってほしくない。

甥っ子に誇れるような人生を歩みたいって思い始めて、また映像を作り始めたんだ。

そしたら僕の映像をYoutubeで見てくれたDJがいて、彼に会って俺の人生は変わった。

人生を変えるチャンスだと思ったし、このままやりたくもない仕事を続けてネガティブな生活を送るのはもう嫌だった。

ライブに同行して写真と映像を撮るようになってから、趣味だった事が少しづつ仕事に変わって

行きたくなかった前の仕事も辞めて、今はこうして生活している。

 

 俺が言いたいのは、好きなことを仕事としてやっているってゆうのは

働くって感じないんだ。僕はただ好きなことをやっているだけで「働いてはいない」

いつもそんな感覚で仕事をしている。

 

だから、自分の生きたい人生に生きて、ハッピーでいたい。

俺はあのネガティブで陰気な実家に住んでいたどん底の時期があったからこそ、今ハッピーでいられる。

俺は恐怖が大好きだし、そんなの怖くない。

失敗して、恐怖を感じて、学ぼう。周りと自分を愛して自分の人生をクリエイティブしよう。

 


Fear is your friend | Rory Kramer | TEDxMilpitasHighSchool

 

 

 

ふさぎ込んでいた時期から心機一転して、彼の人生はネガティブからハッピーに変わりました。

楽しそうなローリーしか見たことないので、最初彼の人生について知った時はびっくりしたけれど。

彼は「俺にもできたんだから、君にできないわけがない。否定的なコメントとかネガティブな事を言ってくる奴はほっておいて、自分の人生を生きよう」ってインスタに書いてました。

 

 

 

私はローリーみたいなハッピーで自分が好きなことをやって、生き生きとしてる人が大好きです。

楽しそうで、パワフルで、好奇心旺盛で。

 

 そして、自分も自分の人生楽しく生きたい!って思ってアメリカに来ましたが、

来る前は「英語話せないのにどうやって生活するの?」

「将来の事も決めていないのに海外なんて行ってどうするの?」

と、色んな面で否定的な事を言われたりもしました。

どうしてそんな事言うんだろうって悩んで傷ついたりもしたけど、

そうゆうネガティブなコメントを言う人にはわからないんですよね、きっと。

価値観とか、人生観が違うから、わかり合えないんだと思う。

理解もしてないのに否定的なコメントを言ってくる人より、自分を応援してくれる人を大切にしようって気づいた。

 

 

 

 

自分のゴールや目標、そして好きなことを自信もってやってる人って、輝いてるし素敵だなぁっていつも思います。

ただお金稼ぎのために仕事やっている人より、私はそうゆう目標があって生き生きしてる人が素敵だなぁって思う。

 

 

 

考えるよりも、行動してみる。

新しいことにチャレンジする時、恐怖があるのは当たり前。

失敗を恐れないで、飛び込んでみる。

その先には今見えないものがあるはず。

 

 

Stop thinking, just live.

 

 

 

 

オペア、アメリカ生活に関しての質問はコチラから↓

 

docs.google.com

 

 

 

 

ホストファミリーはこんな家族構成。実は少しユニークな家族でオペアしてます。

 

 

こんにちは。今週末はホストファミリーと一緒にサウスカロライナにあるビーチに来ています!

私がオペアとしてこのファミリーと旅行するのはこれで最後なので、なんだか寂しい気持ち。

 

砂浜で走り回るキッズを見て、

去年よりも大きくたくましくなったキッズを見ると考え深いな〜

大きくなったなぁってしみじみ思いました。

全然言葉も話せなく、歩くのもやっとだったホストキッズちゃん。

私がこのファミリーにやって来た時、彼らはまだ赤ちゃんが少し大きくなったくらいで、言葉も「とうふ」しか喋れなくて笑

何をさせるにもヒヤヒヤしながら見守ったり、時には怒ったり、一緒に楽しく遊んだり。

そんな時期がいつの間にか過ぎて、今はひとりでやれる事がたくさん増えてイヤイヤ言って私に怒られながらも自分から行動してくれるようになりました。

 

今日は言えるはずの「ごちそうさま」を言いたくないと言い張って、

1時間半イスで泣き続けた笑 ある意味すごい根性あるな。

最後は折れてしょんぼりしながら手を合わせて言えました。

 

 

 

イヤもありがとうもごめんなさいも言えるようになったし、

赤ちゃんの時はとうふしか食べなかったのに今では野菜も果物もなんでも食べるようになって。

毎日一緒にいると成長って気づかないことも多いけど、思い返してみれば

1年間の間に彼らはめちゃくちゃ成長してました、

そんなホストキッズはまもなく3歳になります。はやい!

プレゼント何がいい?って聞いたところ、「みかん」と返答が笑

素直で可愛いホストキッズです。

 

 

 

 

今日はオペア記事はたくさん書いてるけどファミリーについて詳しく書いたことがなかったので、

私のユニークで愉快なホストファミリーについて。

私のホストファミリーについて話すといつも、「え〜大変だね」とコメントを頂くことが多いんですが、

実際大変でした。山あり谷あり波乱万丈なオペア生活です笑

ここに来てからかなり精神的に鍛え上げられた気がします。

その分やりがいも感じているし、何より私とファミリーは大がつくくらいの仲良しです。

ファミリーとオペアって壁があったりする子もいるけど、私は半分家族って感じで可愛がってもらっています。ありがたい。

 

 

 

 

私のホストファミリーは

日本人ホストママ、双子の男の子♂♂(2歳)。

ママは帰化しているので今はアメリカ人です。

 

他のファミリーとは少し違って、

ママは私が来る前に旦那さんと別居しているので、

双子ちゃん達はママとパパの家を行ったり来たりしてます。

日数は親権で決めらていて、ママの家は6日→その後3日はパパの家に行くってゆうルーティンです。

パパの家に行っている間3日間は、私は休みです。

 

 

 

双子ちゃんは、男の子ふたり。二卵性なので顔、体格と性格何も似てません。

片方はブロンドで顔つきもアメリカン、かなりBossy笑

もう片方はたれ目で日本人顔、おっとり系。

1人はもう五歳児用の服を着ていて、規格外の大きさです。

もう1人は2歳児用だから平均的な大きさ。

正反対な性格だけど、良くバランスがよくとれているので、いつでもどこでもくっついているくらい仲良しな双子ちゃん。

いつも2人で遊んで、喧嘩しています。

たまに遊んでほしくてこっちが寂しくなるくらい笑

 

 

言葉は、 

パパの家では英語、ママの家では日本語なので2歳にしてすでにバイリンガル

英語と日本語どっちも話せて、英語で話しかけると英語でかえってくる。

私は基本日本語で話しているんですが、そのせいで私が英語話せないと思っているのか、

たまに英語で話しかけると2人とも不思議そうに見つめて、「ノーイングリッシュ」って言われます。 

 あと、発音を直されたり。彼らは私の専属イングリッシュティーチャーです笑

 

 

 

去年の夏頃はまだ小さくて、ママとパパの家での生活習慣が違うのに頻繁に行き来しなきゃいけない、言葉もまだまだ話せなかったのでよく泣いたり物投げたり、噛み付いたりが多かったけど

大きくなって、言葉が自分の思い通りに話せるようになってきてからは減りました。

 

 

私も彼らのケアについて、この家庭環境でのオペアは経験がないから

どう接していけばいいんだろう?ってかなり悩んだんですが、

楽しく愛情を持って接していれば、双子ちゃん達も私といる時間を楽しく過ごしてくれるかなって思っています。

感情って伝染するから、こっちがピリピリしてると子供も神経質になっちゃうんですよね。

 

 

 

 

そんな複雑な環境の中でも前向きに、そして大きな病気もなく健やかに成長してるホストキッズ。

1番近くで見守ってきた私。

共に成長して毎日楽しくすごしています。

 

 

オペアに関して質問受け付けています。コチラから↓

 

docs.google.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイアミのイケてるおしゃれなストリート、Wynwood Artsに行ってみた!

 

こんにちは、ヒロ子です。

日焼けが大好きで日光浴をしたいのに秋並みに寒いワシントンDC。

はやく夏が来ますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は初の旅行記事です!3月のマイアミ旅行のお話。

去年の8月にもマイアミに行ったんですが、時間の都合で行けなくて、とゆうか真夏のビーチで遊びすぎて笑 (ちなみに8月は熱が出るくらい日焼けしました、日焼け止めはお忘れなく)

 

 

 

 

今回は時間にゆとりもあったのでゆっくり歩いて街を散策。

マイアミといえば、パーティーにビーチ!ですが、マイアミ空港の近くにWynwood Arts Stとゆう場所があって、そこが超絶おしゃれでイケてるストリート。

 

アメリカのクールな若者が集まる場所って感じの雰囲気(ブルックリン的な?笑)

Wall Artsやカフェ、Tatoo Shopなどがたくさんあり週末の午前中に行くとたくさんのHipstarさん達で賑わっていました。

カフェからはお洒落なR&Bが流れていて私的には今回の旅では一番テンションが上がった場所です!

 

 

 

www.thewynwoodwalls.com

Adress : 2520 NW 2nd Ave, Miami, FL 33127

 

 

 

 

 

 

 マイアミ空港からは、車で15分

サウスビーチからも車でちょうど20分くらいのアクセスしやすい場所にあります

ただし、バスやメトロを利用すると乗り換えで1時間くらいかかってしまうので車移動がオススメ。

路上駐車可能なので見たいアートの近くに駐車して徒歩で回れますが、

※マイアミは盗難が多いので車の鍵はしっかり締め、駐車はなるべく目立つ大通り沿いがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170516022437j:plain

 車から降りたらいきなりあった歩道にハハハの文字。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170516022448j:plain

次はパイナッポー。南国代表マイアミに似合いすぎなフルーツ

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170516022457j:plain

Place to kiss(キスする場所)しなかったけど可愛いからパシャリ。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170516022426j:plain

カラフルで私のホストキッズが好きそうなWall art。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170516022538j:plain

友達の後ろ姿とスーパーヒーロー達。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170516115544j:plain

Palm tree(ヤシの木) と曇り空でも真っ赤に栄えてるお店

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170516115534j:plain

バンドマンと花火。演奏してるのはBlink-182っぽいと勝手に妄想

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170516022511j:plain

こんなまつげ欲しい。

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170516115433j:plain

左側のお姉さん、日本人に見えた。私がタイプなのは右のお姉さん。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170516022415j:plain

 最後はコーヒー買って散策終了。

このモノクロでかわいいカフェ、私の大好きなNaoのBad bloodがかかってて心地いい空間でしたー。

 

 


NAO - Bad Blood (Live on KEXP)

 

 

 

1歩あるくだけで、違う景色が見えて終止わくわく。

DCは歴史的建築物がたくさんあって綺麗な街だけど、こうゆうストリートはあまり見かけないからすごく心躍らされました。

早くビーチに行きたい友達は飽きてスタスタ歩いてるのにずっと見とれちゃったり。

 

 

 

 

パーティーじゃない。海でもない。

アーティスティックでセンスの塊な人びとが世界中から集まる常夏な街マイアミ。

 

フロリダに行く際には是非立ち寄ってみてください!☆4つ。

 

 

オペアに関しての質問やお問い合わせはコチラから↓

 

docs.google.com

 

 

 

 

 

 

 

リマッチを考えているオペアさんへ。ファミリーと上手くいかない時の対処法

 

こんにちは。風邪ひきのヒロ子です。

アメリカに来て初めて風邪を引いてしまい寝込んでいたところ、ホストママがうどんを作ってくれました。風邪薬も買って来てくれて至れり尽くせり。。

ホストママからの愛を感じ、そして鼻水が止まらない月曜日でした。

子供のケアをしている身なので体調管理には気をつけたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

さて、今日のお題は「ファミリーと上手くいかない時の対処法」です。

最近オペアさんからリマッチしようか悩んでいる、ファミリーに不満がある話をよく相談されるのと、私のリマッチ体験談が多くの人に読まれているみたいなので、

リマッチをする前にどんなことをしたらよいのか?関係修復のためのアドバイスなどをヒロ子なりに書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170511104923j:plain

*公園の木の淵を永遠と歩き続けるホストキッズとわたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにが問題なのか具体的に考えてみる 

まずは自分とホストファミリーとの間で何が問題なのか考えてみる。

労働時間、車の使い方、休日、子供のケアで意見が合わないなど、、

アメリカ人と日本人、育った環境も国籍も違うので意見の食い違いや不満が出てくるのは当たり前だと思います。

渡米してから2ヶ月、3ヶ月経った頃から、アメリカに来た!ってだけでワクワクしていた気持ちも薄れてきて、不満や不安がでてきたり、ホームシックにもなったりする子も多いです。

 

私はリマッチしたファミリー時代、周りに日本人オペアが少なく、かなり不便な場所に住んでいたのに、なかなか車を使わせてもらえず、労働時間も毎週オーバーしていて、休みの日も仕事の日もほとんど家で自分の部屋で引きこもり生活でした。

話し合わないといけない状況だったのに、自分では全く気づいていなくて、たまたま出会った日本人オペアの子にスケジュールやファミリーの事について話したところ

オペアって週45時間しか働けないのに、ひろちゃん60時間も働いてるよ、ルール違反だよそれは!!」と言われて気がつきました(渡米して6ヶ月目くらい)

そのファミリーは私が初オペアだったのですが、ファミリーもルールをよく理解していなかったのと、子供が赤ちゃんと1歳児だったのでスーパー忙しい家庭でした。

*オペアを雇うのが初めてなファミリーは、労働時間の規定と休みについてきちんと把握していないファミリーが多くいます。(きちんと理解してないといけないんですけどね...)

オペア、ホストファミリーともにオペアに対しての労働時間や規約をしっかり理解しておく必要があると思います

なのでエージェンシーから説明を受ける時、また規約について書いてあるものなどはしっかり読んでおきましょう。

 

 

労働条件や週給などについて詳しく書かれています↓

www.aupairaij.com

 

 

 

 

 

 

 

 

問題があれば我慢せずにホストファミリーと話し合う 

自分がホストファミリーに対して不満、言いたい事がある時はその都度、面と向かって話し合うのが最善策だと思います。

小さなことなら食事の間でも、合いた時間でもいいと思います(話し合いだと重い雰囲気になると思うので)

言いづらいならエリアディレクター(AD)に相談するのもアリ。

 

私は先にADに相談してしまって、ホストファミリーから「ADに言う前に先に伝えてほしかった」と言われたこともあるので、なるべくホストファミリーに先に話す方がいいですね。それでも解決しなかったら即ADに相談。

 

日本人の子は我慢の限界まで我慢して、いきなりリマッチしたいなんて子が多くいるのですが、ホストファミリー側は「どうして言ってくれなかったの?」となる事も多いです。

これがトラブルの原因になる事もあるので、不満や言いたいことがあったら溜めずにすぐ言いましょう。

言いづらかったらメールやテキストで伝えるとか、とにかく伝えることが大切だと思います。

オペアとホストファミリーは同等な立場なので、我慢する必要はありません。

 

英語に自信がない子は日本語で紙に言いたい事を書いてから英語に直し、それをファミリーに見せながら話し合うとファミリーもオペアの言いたいことを理解しやすくなると思います。

ファミリーと話し合うってめちゃくちゃ勇気がいるんですよね。

英語が伝わるかなとか、状況が悪化したらどうしよう?とか考えると、何も言わないで我慢した方がいいのかも...と思ったりします。

でも状況を変えたいなら、より充実したオペア生活を送りたいなら!話す事が最善だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

オペア友達に相談する

 自分だけの殻に閉じこもって不安と不満に振り回されて悩むより、少しでもオペア友達と話すだけで悩みは解決したりします。

すでにリマッチを経験してるオペアもたくさんいますし、ファミリーと上手に関係を築いているオペアもたくさんいるので、アドバイスをもらったり、話すことで自分は知らなかったけど実はやらなくていい事をやらされていたってことも発覚したりする。

 

私は渡米して半年後、本当に孤独で家にも居場所がなくて、あんなに離れたかったはずの日本に帰りたいとまで思っていて。

そんな時話を聞いてくれた日本人オペア達にすごく励まされました

そして、日本人オペアつてで今のホストファミリーを紹介してもらい、双子キッズのケアをしながらオペアしてます。

 

たとえ国や年齢が違えど、みんなオペアとしてはるばるアメリカに来て生活していますし、同じような悩みを抱えてるオペアさんもいると思いますよ!

 

 

 

 

 

 

ADも交えてホストファミリーと話し合う場を設ける

 これは最終手段ですね。これでも変わらなかったらリマッチするしかないってゆう状況。

あきらかにホストファミリー側に原因があったり、話を聞いてくれない場合はADを交えて話す、それで改善されなければリマッチしますくらい言っていいと思います。

ADは数えきれないオペアを見てきているので、オペアとホストファミリーの仲介役も慣れっこです。

話合いの前にはきちんと自分の言いたい事をADに伝えること、そしてホストファミリーにも自分の意見を伝える準備をするとホストファミリーのペースにも流されず自分の意見を言えると思います。

私の場合、ADが本当に良い人だったのでホストファミリー側の意見と私の意見をきちんと聞いてくれて、双方が納得いくような終わり方にしてくれました(結局リマッチしたけど)

 

 

 

 

 

 

 

オペアとホストファミリーは同等な立場ってゆうのを忘れて使いたいだけ使われているオペアさんもいる。

同等なんです。オペアとホストファミリーは。

窮地に立っているオペアさん!!オペアライフ、捨てたもんじゃないですよ!自分の行動次第で良くも悪くもなります。

私もリマッチした時の話し合いは不安と緊張でどうにかなりそうでした。

悩んで迷ったけど、リマッチした事に後悔はしてません。

今いるファミリーに来てからも何回も話し合ったりしたけど(時には激しく時には泣いて笑)

前のファミリーと違うところは、私もホストママも、今後より良い関係を築いていくために話しているのでお互いの事を蔑んだりは絶対にしないです。

ただお互い人間なので、歩み寄って、ぶつかり合っての繰り返しです笑

アメリカにいる全てのオペアさんが充実した生活を送れますように。

 

 

 

 

 

私の方でもリマッチ、オペアの相談受け付けています、ご気軽にご連絡ください!

 

 お問い合わせ、質問はコチラから↓

 

docs.google.com

 

 

 

 

 

 

 

アメリカに住んでいるだけじゃ英語は上達しない。

 

 

 

 

 

こんにちは。ひろ子です。

金曜日、タイ料理屋さんだと思って行ったレストランがまさかのラーメン屋さんでした。アメリカは色んな国の本格料理が食べれるので好きなジャンルが増えましたが、下調べは入念にしてから行くことにします。。(住んで間もなく2年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日のお題は「アメリカに住んでいるだけじゃ英語は上達しない。です。

*この記事はTOEIC、英検ではなく英会話についてなので、ネイティブと会話ができる程度の英会話ができるかどうかについでです

 

 

 

 

 

 

"英語学習"は私がオペアになる上での一番の課題であり、やりたい事でした。

小さい頃から洋楽や映画が大好きだったし、学生時代は英語のテストだけ90点以上(数学は赤点だらけだったけど)

ジャニーズよりK-POPアイドルよりアメリカに興味があった私は、中学生の時 絶対海外に住みたい!!アメリカ人と英語で会話する!!って決めました。

その数年後にアメリカでオペアになりワシントンDCでアメリカライフを満喫しています。

 

 

 

 

私の渡米前のオペアスローガンは、

「英語を話せるようになるのが目標」

同じように思っているオペアさん、オペアになりたい方も多くいると思います。

オペアに限らず留学生や海外に興味がある方も。

日本語以外の言語を話せるって、かっこいいしグローバル化が進んでいるこの世界ではある意味最強の武器だと思うんです。

でも、私が住んでいるアメリカをはじめ、海外で生活して必ずしも英語が話せるようになるとは限りません。

むしろ話せない子たくさん見て来ました。

 

 

 

 

 

好奇心と興味が人一倍多い私は

とにかく英語が話せるようになりたい!と思っていたので英語習得への近道、そしてコツを知りたかったんです。

そして話せるようになった子、そうでない子の違いについて考える事にしました。

Youtubeで芸能人やユーチューバーを目が乾くほど見たり、日本人がたくさん来るMeet upに行ったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで私が発見したのは、話せる子は

・社交性、積極性がある

・間違いを怖がっていない

・恥ずかしがって話していない

・学ぼうとゆう意思がある

 

 

です。

 

 

まず英会話上達を目指す上で一番と言っていい程重要なのは積極性だと思います。

言語って人の感情や意思を表現するものなので、語彙力が乏しくても文法がわからなくても、伝えようと努力する事で英語力はぐんぐん伸びていきます。

例えば、こんな事言いたかったなぁってゆう内容を覚えておいたりメモしておいて、あとから見直し→英語でググる を毎日続ける。

それだけでやる人、やらない人とはかなりの差が出ます。

継続は力なりって本当だなって私は実感しました。

 

 

 

次は間違いを怖がらないのも重要なポイントで、

日本人の子にありがちなのは「間違っていたらどうしよう」

「聞き返されたらどうしよう」「理解してくれなかったらどうしよう」

必要最低限の会話しかしない、相づちしかうたない、自信もなくなる、声も小さくなる、上達しない。さらには英語が嫌いになる。

ただの悪循環です。

自信がない子は話す時に声が無意識のうちに小さくなって、間違っていないのに聞こえないっていうのもあるんです。

間違うのなんて当たり前だし、むしろ間違う事によって学ぶ英語もたっくさんあります。

もし間違って笑われたりからかわれても相手にしないのが一番。

 

 

 

 

 

そして、日本人は他の国に比べてかなりシャイな方が多いです。

「アメリカ人に圧倒されて自分の言いたい事を考えてるうちに次の話題になってる」とか、「恥ずかしいから言うの止めとこう」とか。 

私たち日本人は教育の段階から欧米人よりもシャイに育てられてると思うんですが

英会話はアウトプットしないと絶対に伸びません。

頭で理解している単語でも口に出して言わないと、話せるようにはならないです。

何回も会話をこなしていくことで自信にも繋がるし、英語をもっと話したい!とモチベーションも上がると思います。

恥ずかしさを捨てるのは勇気がいることだけど、周りって自分が思ってるより気にしてない事が多いです。

日本では意見を言い過ぎると主張が強すぎると言われがちですが、逆にアメリカでははっきりと自分の意見を言った方が評価されます。

 

 

 

 

たまにアメリカに来たら自然と英語が話せるようになる、と思っている子に出会いますが、ですがその答えはノーです。

確かにアメリカで生活するとゆうことは、英語に触れる機会も多くなるし、街に出るとどこだって英語だらけですよね(スペイン語も多い...)

学ばないとゆう自己意識がないとたとえアメリカに住んでいたって話せるようにはなりません。

ある程度話せても日常会話レベル1くらいだと思います。

環境や人任せにせず、常に学ぶ意識を持って生活していれば英語は伸びます。ぐんぐん伸びます。

逆にアメリカに住んでるし英語は伸びるはずだから大丈夫って思い込んでなぁなぁに過ごしていると話せないまま帰国なんて事もあり得ます。

私はそうならないためにも日々意識して何からも学ぶ事を心がけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は稀なタイプなのかシャイな性格を持ち合わせていないので、

英会話が下手だった時期でも会話を聞いてわかんないから教えて!って言ったり

その言葉は何とかニュアンスの違いとかを嫌がられるくらい質問攻めしたり、自分で単語帳やイディオム辞典を作ったり、時には汚い悪い言葉を検索してみたり笑

運転中ラジオで流れてくる曲を大声で歌ってみたり。いろいろ試しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々綴りましたが、私が思う英会話上達の一番の秘訣は

「好きでいて楽しく学ぶ」

これにつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年目オペアのJ-1ビザについて。ビザ免除で行ける国がある!

 

こんにちは。

アイスホッケー(NHL)が白熱しているワシントンDCからお送りしています。

我がチーム、Washington Capitalsはプレイオフ前まで首位だったんですが、今日はペンギンズに負けちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが皆さん、オペアに有給休暇があるのご存知ですか?

 

 

エージェンシーによって日数は異なりますが、オペアには年間で約2週間の有給休暇が与えられます。

年間なので2年間オペアをすると4週間もらえるんです。

 

 

 ルールとしては、

有給を取る最低1ヶ月前にはファミリーとスケジュールを相談して、日程を決めます。

2週間いっぺんに取る子もいますが、何日間かに分けてもOKです!

 

 

 

 

 

 

 

 

どこへ行くかも、なにをするかもオペアの自由なので、

アメリカの国内に限らず、近隣の国に行ってみたりもできます。

メキシコ、カナダ、プエルトリコなどなど!

(ちなみにキューバへは国交正常化した去年から直行便が出ています) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、2年目のオペアさんは気をつけなきゃいけない点が1つあります。

2年目まで延長してオペアを続ける場合、VISAを更新しに日本に帰っていないオペアさんはアメリカ国内から出られません。 (一部の国を除く)

 

 

私たちオペアには、渡米前に2つの書類が発行されます。

1つ目は入国許可証となるVISA

VISAは大使館へ面接に行き発行してもらうやつ。

これは文字通りアメリカに入国していいですよ〜って許可証で、入国の際に必要な書類です。

(VISAはパスポートに貼り付いてあります)

 

2つ目は滞在許可証となるDS-2019

DS-2019はエージェンシーから送られてくる紙。

こちらはアメリカに滞在していいですよ〜この人は不法滞在ではありませんとゆう証明にもなる紙。DS-2019はアメリカで運転免許を取得する際にも必要です。

 

 

 

オペアはJ-1VISAを取得しますが、オペアに発給されるJ−1ビザは入国してから1年間しか有効期限がありません。

なのでもし2年目でアメリカ国外旅行やオペアプログラム中に日本に帰りたい場合は

1年目で一時帰国、VISAを更新する必要があります。

 

 

 

2年目延長が決まった時点でオペアエージェンシーからDS-2019が送られてくるので、日本に帰ってVISAを更新しなくてもアメリカ国内に滞在できます。

ただし、このVISAが切れた状態でアメリカ国外へ出ると、日本に強制送還されるので要注意!アメリカに戻って来れない状態になります。

 

 

 

 

 

 

私の場合はというと、2年目は延長しましたが、日本には一時帰国せずVISAの更新はしませんでした。

他のオペアも一時帰国する子、しない子それぞれ半分くらいです。

2年目にアメリカ国外旅行がしたい子とか、日本にいる家族に不幸があった時に日本に帰れないのは困るからと言って更新する子もいます。

 

 

 

そんな2年目のオペアさんに朗報!

VISAなし状態の私達にも、VISA免除で行ける国があるんです。

カナダ、メキシコ

この2つの近隣国関してはビザが切れているオペアでも行けます!

しかもアメリカの上と下にある国なのでかなり近いです。

ただし、

・カナダ、メキシコのみ

・滞在期間30日以内に限る

・米国出国時に日付の証明となる物が必要(パスポートのスタンプ)

・DS-2019とI94を必ず持って行く(この2つがないとアメリカに再入国できない可能性があります)

 

 

この点を守れば、問題なく再入国できるはずです。

ですが、空港によってはイミグレーションにかなり厳しいところもあるので、要注意です。

日本人はかなり信用されている人種なのですんなり通してくれる事が多いですが、特にメキシコ帰りは不法移民が多い国からの入国のため税関も厳しいです。

私の友達は2年目にメキシコ旅行へ行きアメリカに再入国する際に別室につれていかれ30分くらい質問されたと言っていました...

 

出国時に税関の人にサインをもらうとか、ホストファミリーやエージェンシーからの手紙(この子は違法滞在ではありません的な)書いてもらうとよりスムーズに入国ができると思います。

 

 

日本からは高い航空券代を払ってしか行けない国が往復300ドル以下で行けちゃうアメリカ、私はオペアになってから旅行中毒になりつつあります。

ちなみに去年ナイアガラ(カナダ)に行った時、ニューヨークからバスで行くツアーを利用した時はバス代、ホテル代込みで1人110ドルでした。

 

プエルトリコなんてワシントンDCから往復200ドルとかで行けるんですよ。

キューバも300ドルくらい!

 

 

次の旅行に夢を膨らませながら今日も子供のケアを全力でしています。

来週はニューヨーク!