オペアになってみた in USA

保育経験ゼロから20歳でオペアになった私のアメリカ生活いろいろ。

ヨガマット素材でできたサンダル「Sanuk」が超絶歩きやすい。

 

 

こんにちは。ヒロ子です。

今は地元は北海道に帰省中なんですが、想像以上の寒さと霧の濃さに驚きが隠せないでいます。

生まれてから18年間住んでいた場所なのに、霧が毎日かかってて避暑地だとゆうことをすっかり忘れてしまっててショーパンとサンダルで帰国しちゃいました

帰国早々、何人だよ!色黒すぎじゃん!太っ!とか言われまくってるんですが、

仕方ないだろ!海が好きなんだから!日焼けも好きなんだから!

私は日本人らしくとかアメリカ人っぽいとか、女性らしさとか型にハメた表現の仕方が嫌いです。

 

 

 

あと毎年のように「~年ぶりの寒波」とか「例年よりも冷え込んだ」とかアメリカでも日本でも耳にするけど、毎年聞いてるような気がしてむしろ例年通りって何なの?って思いませんか?

地元を出てから毎年かなり遠い距離に引っ越してるので寒暖の気温の変化には慣れつつあるんですが、エアコンの冷房だけには今だ対応できなくて、体に合わないのかいつもあのエアコンからでるヒンヤリした風は苦手なんですよね、扇風機は大丈夫なんだけどなぁ。

 

 

 

 

 

そんな例年よりも寒い北海道の田舎で昨日、レギンスでコンビニ行こうとしたら母ちゃんに「あんたそのスパッツとスリッパ履いてコンビニ行くの?」って。スパッツって。

母ちゃん、これは3ドルのレギンスだしスリッパじゃなくてサンダルだし!

サンダルはスリッパって呼ぶのに、クロックスはクロックスってちゃんと言える母ちゃん。

 クロックスは一種の靴の種類として地位を確立しつつあるんですね、日本で。

 

 

靴といえば、小さい頃から靴が好きじゃなかった私。

裸足で外を駆け巡った足で家に侵入しては何回も怒られたっけ。

もちろん靴下も好きじゃなくて、学校から家に帰って来てから一番先にやる事は靴下を脱ぐ でした。

 

 

そんな私は大きくなってから沖縄に住むことになり、北の大地から南の南国へと旅立ちました。

大きくなっても靴嫌いは変わりませんでしたが、私は沖縄で「島ぞうり」とゆうものに出会ったんですね

俗に言うビーサンってやつです。それまではビーサン履いたことなかったし、てゆうか地元には売ってなかったし、地元の海は遊泳禁止だし。(命の危険感じるくらい毎日波高すぎて泳げないよ)

 

 

島ぞうりに出会ってからは、靴なんてハイキング行くときくらいしか履かないわってくらい靴離れが進み、サンダル中毒に

もちろん足の甲は年中無休でビーサン焼け。

旅好きな私は同時に散歩好きでもあるので、旅行するたびに歩行距離が半端ないんですが、足の疲れ具合って靴で左右される部分が多いのでサンダルで歩くと浮腫んでしまったり靴擦れしちゃうから、仕方なく靴を履いたりしていたんですね。

 

 

 

 

でもむれるし、靴下嫌いだし、荷物になるしやっぱり好きじゃない、ビーサンで長時間歩くと足の疲れが2倍になる。

でも見つけちゃったんです。そんな私に最高で最強なサンダルを。

 

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BJgZ4FXBiFW/

サヌークサンダル!

 

 

 

 

 

 この私が愛用ヘビロテしてるサヌークヨガマットサンダルは、

カリフォルニア州を拠点にしているブランドでサーフシーンで人気のサンダルで

素材がヨガマットが使用されていて履き心地抜群、長時間歩いてもへっちゃらなくらい疲れない、こんなに足に優しいサンダルに出会ったことない!

ビーサンによくある指の間が痛くなるやつもないし、持ち運びにもかさばらない。

履いた感じもシンプルな見た目で可愛いし色とデザインも充実しているので自分の好みやファッションに合ったサヌークを見つけられます。

 

日本には沖縄にしか直売店がないみたいだけど、アマゾンや他のネットショッピングで取り扱っているサイトが多くなってきてるみたいですね~

子供連れのお母さんにも歩きやすいしおすすめです。

 

 

 

 

www.sanuk.jp

 

 

 

 

 

 

日本に帰国しました!2年ぶりの日本でもトラブル続きです!

 

2年のアメリカオペア生活を終えて日本に無事?帰国しました!

帰国前はニューヨーク→DC→サンフランシスコ→ロサンゼルスとひとり旅をしてから、帰国。

アメリカでは日焼けしたいがために肌を露出していたので南国から帰って来ました感が半端ない小麦肌で帰国。会うたびに黒っ!何人!?とか言われてます。

日本に帰国したのは2年ぶりで、文字だけ見ると長いようだけど、あっという間に時が過ぎたので自分では半年くらいに感じています。

自己意識はなかったんですが、2年も離れていると日本のことをずいぶん忘れていたり、自分が予想以上にアメリカナイズされていることに気づかされ、びっくりしています。

日本人女性は大きなカバンを持っているなぁとか、

サラリーマンはみんな黒い先端が尖った靴履いてるなぁとか、

ママチャリ乗ってるお母さん達すごいなぁとか、

コンビニのおにぎりはこの上ない逸品だなぁとか、

前とは違った目線で日本を見ているような感じ。

そして日本のコンビニクオリティは本当にすごいです。用もないのにコンビニ入っちゃう笑

 

 

 

さぁ、どこへ行ってもトラブルガールの私ですが、日本でも絶賛発揮中でございます!

帰国前寸前からもしかしたら帰国できないかもとゆう事態に見舞われロサンゼルス国際空港で冷や汗かきました。

 

 

トラブル続きとゆうのは今回が初めてではなくてもう慣れたもんなので、多少の事では動じないヒロ子。ここまでくると楽しんじゃってますね

次はどんなのが来るんだろう?みたいな笑

 

 

ご参考になるかはわかりませんが、書き留めておきたいと思います。

 

 

 

まず、6月13日の午前10時LAX発羽田行きの便を予約していたので

宿泊先のダウンタウンからUberを利用して空港に向かいました

運転手さんが韓国系ブラジル人のおじさんで、ブラジルにはたくさん日系の友達がいてね~と話が盛り上がり、おじさんは荷物も降ろしてくれたり飴くれたりと朝からハッピーな気分で空港着。

国際線だし余裕をもって7時半には空港に着いていて、チェックインと手荷物預けの手続きをしようとアメリカンエアラインのセルフチェックインカウンターへ。

 

なのに、何回試しても画面が「お客様のご予約は確認できません」になる

え?まさか、、、、予約取れてないのか?

オペアは、行きも帰りもオペア会社が航空券を手配してくれるので、私が利用しているオペアケアから「これチケットだから確認してね~」ってゆうメールも来てたのに。。

 

これはさすがに焦りました。

7時半だしオペアケアにも電話が繋がらなくて、私のエリアディレクターに連絡しても、「本部がやっていることだから私は一切関わっていなくてわからない」って。。

朝のチェックインラッシュで忙しいなか、困った顔でウロチョロしているとお姉さんが「大丈夫?何か問題でもあったの?」と話しかけてくれ、

実は予約確認ができなくてチェックインできない。。。と伝えたところ、

優しいお姉さんが「じゃあ私が直接エアライン会社に電話して確認してみる!」って。。見知らぬ人を躊躇せず助けられるってゆうのは本当に見習いたいとこです。

 

そしたら、予約は取れているんだけどなんかのエラーで発券ができていないだけで、チケット番号を変えるからそっちでチェックイン試してみて~と。

試したら速攻で発券できて、チェックイン!

お姉さん本当にありがとう、その優しさを忘れず、私もそんなお姉さんになりたい。

そしてトラブルガールは無事、飛行機に乗り込むことができましたとさ。

 

 

 

 

 

 

10時間と少しのフライトを終えて日本に上陸。

日本の空港はしょうゆの匂いがするよ~って聞いたことあったけど、全然しなかったよ。

すぐに北海道へは帰らず、東京に4日間滞在する予定だったので宿泊先のカオサン浅草へ。

滞在中は友達に再会したり、東京観光したりと以外と楽しめたんですが、

ドトールのラテが460円で昼ご飯に食べたから揚げ定食は430円でどうゆうことだろう、、って考えたり。

紀伊国屋書店で又吉先生の新作を手に入れて近くの公園で読んでみたり

銭湯に行こうとしたけどタトゥーはやっぱり受け入れられていないと実感したり

こればっかりは文化だから仕方ないよね。

 

 

 

 

 

 

数日後、また羽田空港へ戻り地元北海道へ。

私は26歳以下なのでスカイメイト料金で乗れるんです!イェイ!

地元は田舎なので満席になるってことが少ないので、17,400円のチケットが8,700円くらいになりました!

26歳以下のヤングピーポーは当日に受付カウンターに行くと安くなる可能性があるから、訪ねてみてください。

 

 

 

 

保安検査を通過すると、1通のメールが入りました。

「ヒロ子さん、ホステルご利用ありがとうございました。PCのお忘れ物がありますが、まだ東京にご滞在中ですか?」と

搭乗時間30分前、、、場所は浅草。終わった。取りに行けない。。

どうしていつも出る前に確認するにも関わらず、何か忘れちゃうんだろう?しかもPCって、、自分自身信じられない。

「すいません、今から北海道に帰ります。7月にまた東京に行くのでその時に取りに行くことは可能ですか?」と聞いたところ、

「かしこまりました。こちらで保管させていただきますのでご安心ください。北海道楽しんでくださいね!」って

優しい対応に胸いっぱい。滞在中も東京の楽しい場所を教えてくれたりと大変お世話になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2年ぶりに地元に着き、暖かい家族と友達たちに迎えられ

再会の酒盛りを楽しんだりしていました。

久しぶりの再会でわたしの色の黒さにみんな一瞬視線が泳ぐ。

でもみんな、何が食べたい?どこに行きたい?とか聞いてくれたり

母さんは寿司食べれないでしょって買ってきてくれたり(食べれるけどね、DCでも)

 

 

 

そんな中、日本人との連絡ツール「LINE」が乗っ取られました。

よりによってこんな時期に!2年ぶりに日本に降り立った時に!

 

乗っ取られてからはハッカーがパスワードを変えてしまったのでログインもできず、

私になりすましたハッカーが「コンビニでこの5万円分のカードを買ってほしい」と

私は普段から絵文字とか使わないので、私だって信じちゃった友達もいて(ただ大金だったから携帯に連絡があったので被害は防げた)

TwitterFacebook、インスタグラムで私のラインが乗っ取られたので、変なメッセージ来ても返さないでくださいと投稿。

そのあとラインにお問い合わせしてアカウント削除、全ての連絡先は消えちゃったけどまた新しいアカウントを作成しました。

 

日本の電話番号を持っていないのとWIFI難民なので電波ない中の乗っ取られ対応はかなり大変でしたが、ここで気を付けたいのは

1.すぐにSNSに乗っ取られたと投稿して、何らかの二次災害を防ぐこと

2.ラインに問い合わせ、アカウント利用停止か削除をしてもらうこと

この2つが大切です!

また、前のアカウントで購入した有料なもの(スタンプとか)は不正利用がラインで確認され次第新しいアカウントに移行できるそうです。

ハッカーがパスワード変更をしてない場合は、まだ救いの手があるようですが私の場合はもう自分でログインできない状態だったので削除せざるを得ない状況でした。。

 

 

日本に帰国中とゆう絶妙なタイミングでハッキングにあっちゃう私

なんか持ってるのかな。。

 

これを教訓にこれからは気を付けます。

グーグルアカウントとかハッキングされたらもう大変だもんね。。

パスワードは同じものじゃない方がいいみたいです(全部同じの使ってた)

 

 

 

以上、帰国してからの近況トラブルでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロスひとり旅。メルローズアベニューは予想以上にイケてる街だった!

 

 

 

 

 

こんにちは。ただいまひとり旅中のヒロ子です。

今回の旅はオペアとしてアメリカ国内最後の旅になるんですが、ちょうど2年前オペアになりたての時に初めてひとり旅をしたロサンゼルスに来ています。

1年ぶりの西海岸!人に出会うたびに「ヒロ子ちゃんは西海岸にいそうな雰囲気出てるよね」って言われまくってたんですが、確かに自分でも東より西海岸にいるとしっくりくる。

2年前よりかなりアメリカナイズされた見た目だからってゆうのもあると思います笑

初めてひとり旅をしたあの時は本当に何をするのにもドキドキで、バスも電車も乗るのもガクブルだったのが、今では慣れたもんで観光客の人にメトロカードの買い方まで教えられるようになりました笑

あれから2年、たくさんのひとり旅を得てヒロ子はパワーアップ、そしてこのロサンゼルスに戻ってきました!

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610074853j:plain

 

 

 

 

今回で4回目になるロス、来るたびビーチばっかり行ってるのでダウンタウン近郊も探索してみることにしました。

さすが世界に名高るロス、ググったらたくさんおもしろそうな場所が出てきて、

1日目は前から気になっていた宿泊先からも近いメルローズアベニュー探索。

ここはカフェ、古着屋さん、ブランド服、あらゆるオシャレなもの・店がたくさん見れるロサンゼルスの流行発信地の街。

世界中のバイヤーさんが買い付けに来るヴィンテージのお店もあるようです。

日本にまだないショップもたくさんあったり、日本にあるショップでも日本未発売のものがたくさんあるので要チェック!

日本で人気のロンハーマンポールスミスマークジェイコブスとジョイリッチなんかもあります。

街も、歩いてる人もユニークで歩いてるだけでわくわくするアーティスティックで素敵な場所でした。

想像以上に良かったのでロサンゼルス行く際はぜひ!

 

 

 

メルローズまでは電車が通ってないのでバスを利用。

混んでなかったらバスでハリウッドから20分、ダウンタウンからも25分くらいで、バスはTAPカードを買った方が断然お得なので近くに駅があればTAPカード購入をおすすめします。

私は7日間使い放題で25ドルの7daysパスを購入。

メトロとLA市内のバスはキャッシュだと1回1.75ドルでお金多く入れてもおつりがもらえないです。

1日パスもあるので上手く利用するとかなり安くすむので超おすすめです。

 

www.melroseavela.com

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075058j:plain

 

 

 

メルローズアベニューはかなり広範囲にお店があるので、端から端まで歩くのに40分くらいかかりました。

欲しいものや行きたいお店を事前にチェックしておくと便利かも。

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610074904j:plain

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610114620j:plain

毛むくじゃらの自然界に馴染めそうなマークジェイコブス

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075117j:plain

波の中をバイクで疾走してる絵がイケてたバイク屋さん。

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610074955j:plain

 レインボーカラーのマーチ。日本でもたくさん見かけるようになる日が来るといいな!

DCでもあまり見かけないけど、カリフォルニアでは色んな場所で見ます。

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075000j:plain

カフェ。お兄さんがまさにスプレーで描いてるとこだった。

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610074915j:plain

写真スポットのポールスミス。壁一面が全部ピンクです!

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610074909j:plain

お店の入口側はレインボーカラー

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075135j:plain

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075108j:plain

 サーフボードとイケてるボディーのお姉さんと交差点にいた可愛い緑ヘアーの可愛いお姉さん。

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075129j:plain

リアルなサイズの鯉

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610074905j:plain

Stay thirsty.

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075009j:plain

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075014j:plain

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075040j:plain

バニラビーンラテ

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075015j:plain

カフェ店内。

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075148j:plain

ジョイリッチ!高校生の時、ジョイリッチが好きでバイト代を注ぎこんでいたのを思い出しました笑

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170610075154j:plain

花柄のブラジャーに見えた

 

 

写真スポットがたくさんなのでお店に入らなくても楽しめるし、

ヴィンテージモノや古着が好きな方は何時間でもいれちゃうくらいお店がたくさんあるので古着好きの私にはたまらない街でした。

 

夜開いてるお店は少ないみたいで、空き店舗もたくさんありますがそれでも回り切れないくらいクールでイケてるお店がありました。

ZARAとかH&Mもあるのでプチプラアイテムも購入できますよー。

 

 

以上、ひとり旅記事でした!

明日はビーチ散策編です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒップスターの聖地、ブルックリンに行ってみた!

 

 

こんにちは、週4でプールに通ってるヒロ子です。

家から徒歩3分の場所にコミュニティプールがあって、そこは大人用プール、スパ、子供用プールがあります。

毎朝「今日なにしたい?」ってホストキッズの双子ちゃんに聞くといつも「プールで泳ごー」と言って浮き輪持って来ます。かわいい。

外を歩く時はいつもトトロの散歩を歌いながら。

日光浴が趣味でもある私は、休日でも暇さえあればサンオイルを塗ったくってプールへ。

右隣は工事中、左隣はオフィスビルディングとゆう環境にも動じなくなり去年よりも際どめなビキニを選びました!

シミ対策しつつブロンズ肌を手に入れたいと思います。

 

 

 

 

さて、今回はひとり旅記事。

4月のニューヨーク弾丸週末旅行です!

もうすでに3回行ったことあったけど、今回は初めてのひとりニューヨークだったので自分のためだけに時間を優雅に使えるとゆう贅沢な旅に大興奮しつつ、得意のAirbnbで泊まる部屋をブッキング。

ホテルなんていつから使ってないんだろうってくらいAirbnbヘビーユーザーです。

楽だし、安いし、人と仲良くなれるし、ホテルより私に合ってるんですよね、Airbnb

去年友達と一緒に利用した時は、管理人さんが美味しいブランチのお店を教えてくれたり、夜には近所のハウスパーティーに連れて行ってくれました!こうゆう出会いが大好き、そして人と人を繋いでくれるAirbnb、ありがとう。

シワ1つない真っ白なホテルのベットは恋しくありません。

ただホテルの朝食はたまに食べたいなって思うことあります。

 

ja.airbnb.com

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BGfEsimr6Zj/

去年日本から遊びに来てくれた友達 at Airbnb house

私達の他にも別の部屋に2人のフランス人女性さん達が泊まっていました。

 

 

 

前回はベターな観光地(自由の女神、ワールドトレードセンターとか)

中心で回ったので、私が気になっていたブルックリンのウィリアムズバーグに寄れなかったけど、今回は3日間ブルックリンに滞在し、ヒップな街を満喫してきました!

いるだけでドキドキする街。アート、音楽シーンが盛り上がっている地区です。

華やかなマンハッタン地区とは違って、1970年代まで倉庫街だったブルックリン地区はローカル感もありつつ、おしゃれなニューヨーカーが集まる今ニューヨークで1番アツい場所!

改造を重ねてグラフィックアートがたくさんある独創的な街並み、歩いてる人もいちいち魅力的でパワー溢れるウィリアムズバーグに一瞬で心奪われました。

 

 

 

 

Airbnbサイトにもウィリアムズバーグのお洒落なレストラン、カフェやバーが紹介されています!

ja.airbnb.com

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BTK9ZhDAN_x/

地下鉄を降りてすぐ目に入った鮮やかなブルーのお顔ちゃん達

DCに住んでるとあまりグラフィックアートを見かけないから新鮮。

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BSxHkstg4Ft/

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170603014631j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170603014807j:plain

 電線にぶらさがってた靴。マイアミに行った時も見かけたので何か意味があるのかなって気になってググったら、正確な理由はわからない だそうです。

ただのいたずら、ギャングの縄張り目印、ドラックディーラーが売買する時用の目印とか色々書いてありました。

ただ日本では見ない光景なのでアメリカっぽくて好き。 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BUs7HPNgjnM/

近くにあったヒップ感漂うスズメカフェ(Swallow cafe)

朝からたくさんのニューヨーカーHipstarさん達が作業してました。

店内も静かでWifiあり、コンセントあり、広々しているのでおすすめ。

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170603041006j:plain

晴天だったのであの有名なブルックリンブリッジへ。橋の上はかなりの強風です

 

 

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170603040954j:plain

左が歩行者用、右が自転車用とわかれてるみたいです

平日でもたくさんの観光客で大にぎわい。さすがニューヨークですね

 

 

 

 

 

 

知れば知る程もっと見たくなる、探索したくなる

ブルックリンはそんな不思議な魅力がある場所だと思います

ネオン街の眠らないマンハッタンとはまたひと味違ったニューヨークが楽しめます。

旅行の際には是非足をのばして見てください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰国します!オペア生活終了、その後について。

 

こんにちは。ワシントンDCにもようやく夏が到来しました。

昨日13度だったのに今日は28度。

この気温差に体がついていけてないホストキッズ(3歳)はバテて草っぱらの上でゴロゴロ、遊ぶ気ゼロでした笑

アメリカはメモリアルデイの後からプール/海開きなので今週からはたくさんプールに行ける、いつもエナジー有り余ってる双子ちゃん達にはもってこいのアクティビティです。

 

 

 

 

 

 

実は、私のオペアライフもあと1ヶ月で終了なんです。

2015年5月に渡米して、来月日本に帰国します。

今月の15日でなんとアメリカに上陸してから2年。

ビザが渡米2日前まで届かなくて渡米直前、私を担当してくれていたエージェンシーの方に心配され、大変大変ご迷惑をおかけしました。

ビザ来た!いよいよ出発!そしてまさかの羽田→カタール乗り継ぎ→NY、の計25時間フライト

そして入国審査官になぜか怒鳴られたあの日から、早2年。

なんで怒鳴られたかは今でも謎なんですけど。。しかも私だけ。

私に怒鳴ってた入国審査官の隣に立ってたセキュリティーのお兄さんは「He does'nt like asian not just you」って言ってたけど笑

そんな人もいますよねーまあ怒られても入国できたから良し!

 

 

アメリカに来る前から私のストーリーはドラマチックだったなーと思い返しています。(とゆうか、ただのトラブルメーカー)

順調に事が進むことの方が少ないですが、私は基本ポジティブ人間、なおかつ頭で考えるより先に行動なタイプなので落ち込むことがあまりないです。

落ち込んでも、食べて音楽聴いてればすぐ回復。

でも目の前のことから目を背けるのは嫌いなので、今やってることに全力で取り組みたい。だからホストママ、双子ちゃんとも良い関係が築けたと思います。

ピンチはチャンス、終わりよければ全て良し、失敗は成功の元。

 

 

https://www.instagram.com/p/BGitDM1L6Z-/

Love sculpture

 

 

 

 

そしてアメリカ生活2年間を終えて思ったこと。あっとゆうますぎる!

2年前は自分がリマッチしてサンフランシスコからワシントンDCに引っ越すだなんて想像もしてなかったし、

英語も今より全然話せなくてスタバで注文するのさえドキドキだった

これは近所のスタバ店員さんがかっこ良くて、ただ緊張してただけかも笑

ひとり旅もすいすい行けるようになった。

1人旅第一弾 in Los Angelesの時は、乗らないといけないバスがわからなくてさまよっていたら、家出少女だと勘違いされておじさんに心配され、「22番のバスに乗らないとJ coleのライブに間に合わないの!」と伝えたらバスまで連れて行ってくれて、バスの乗り継ぎ頑張ってねとコーラも買ってくれました。

その後無事ステイプルスセンターに着いた私は、念願のJ coleライブを観ることができました。

それまでは少し恐かったけど、この経験で自信がついた私はこの2年間のあいだたくさんの素晴らしいひとり旅に出れた。それはあのおじさんとの出会いがあったから。

おじさんありがとう!

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BBAkVkTL6Sc/

 カリフォルニアから引っ越した次の日、記録的な大雪が降って4日間家に隔離状態だった時。

 

 

 

渡米前は2年長いなぁと思っていたけど、アメリカで過ごした2年間は日本で生活していた時よりも月日が経つのが一瞬のようでした。

それくらい充実してたってことだよね、本当に濃い2年間でした。

髪もショートカットで来たのに、今は腰までロングヘアー。

最近は横に大きくサイズアップしただけにならないように、節度のある食事とジム通いを心がけたり、なぜか豆乳飲んだり。

何してるの?って聞かれた時にジム通ってます!って答えたいがために始めたジム通いが程よいリフレッシュになるなんて思いもしませんでした。

私は日本人ファミリーでオペアしているので普段は日本食が多く、アメリカンな食事はあまり食べないんですけど、どうしてもお酒の量が減らせません(ワイン安すぎ)

手作りサングリアの季節ですね!

 

 

 

小さい頃から憧れていたアメリカに住めた2年間。

20歳で日本を飛び出して色んな国の友達ができた2年間。

自分が思い描いていたようにたくさん旅行ができた2年間。

素敵なホストファミリーと出会えて一緒に過ごした2年間。

アトランタが最後まで上手く発音できなかった2年間。

マクドナルドは言えますよ。

 

 

数えきれないほどの思い出、出会いに恵まれ、体も大きくなりました。

ただの食べすぎね。

アメリカ世界各国の伝統的料理が食べられるんですよ

お気に入りはメキシカンとアフガニスタン料理。

 もちろんマルガリータと一緒に。

 

 

https://www.instagram.com/p/BQgM0wojbYc/

近所にある美味しいメキシカン料理のお店。 

 

 

 

リマッチってゆう大きな壁にぶつかったこともあったけど、

あの時勇気を出してリマッチしてなかったら大好きな今のホストファミリーとも出会ってないし

ここで知り合ったたくさんの友達にも出会ってない

そして本当に可愛い愛すべきホストキッズの双子ちゃんにも出会えてないと思うと、あの時は辛かったけど、今となっては良い経験そして良いチョイスだったとつくづく思います。

 

 

 

オペア終了後のプランは、決まりつつあって準備中です。

2年前には考えもしなかった方向に進もうとしてます。

自分のやりたい事が明確になってきてワクワクしているのと、ブログを書き始めてからもっと多くの人にアメリカでのオペア生活について知ってもらいたいなって気持ちが大きくなりました!

 

私自身、オペアの存在を知ってから色んな方のオペアブログ記事を見ていたので、渡米準備やリマッチの際にたくさんヒントをもらいました。

そして実際に渡米してからはブログを読んでいたオペアの方と友達になったり、その友達を通して輪を広げていったり、旅行に行ったり。

情報交換もできるし、リマッチになった時たくさんのアドバイスをもらいました。

オペアってワーキングホリデーや留学よりも情報が少ないので、ネットを通して日本でオペア知名度をあげていけたらいいなと思っています!

 

 

 

 

 

そしての前に、西海岸ひとり旅に出ます。

オペア期間中ではラストのアメリカ国内旅、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴに行く予定です!カリフォルニア横断みたい笑

初めてアメリカ国内でひとり旅したLAにも行くので、その時と今とはLAがどう違って見えるのか、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

カリフォルニア州運転免許証が届かない!免許を合格してから受け取るのに1年かかったお話。

 

 

こんにちは、ひろ子です。

ジム通いが趣味になりつつあるんですが、

アメリカのジムは時間帯によって年齢層と性別が違っておもしろいなぁと思いました。

今日は午後2時に行ったところ

おば様方ばかりで、ウォーキングマシーンめっちゃ混んでる。

いつもは夜7時頃行くので私がやりたいウエイトの器具はムキムキなお兄さん達が使っていることが多いんですが、2時に行くと誰も使ってませんでした。

 

いつも筋トレを教えてくれる友達に感謝!

1人で行くのとはやっぱりモチベーションが違いますね、インスパイアもされるし。

お陰で下半身がガッチガチの筋肉痛です。

 

 

 

 

 

 

さて、今日は

アメリカ運転免許を合格してから受け取るのに1年かかったお話です。

 

これは私の実体験です。

そしてずっと記事にしたくて温めておいたストーリーです笑

免許取るのに1年じゃないんですよ、合格してから受け取るのに1年かかったんです

国土が広く多くの都市では交通機関が発達していない車社会のアメリカ。

どこへいくにも車が必要不可欠です。シティーよりも田舎に住んでいたカリフォルニア時代、学校へ行くのにも車が必要で、毎日運転していました。

アメリカに来てから1番苦労したこの運転免許問題、長くなりますが記事にしてみました!

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BAY100mr6RV/

Santamonica, Los angels

 

 

 

アメリカと日本は「ジュネーヴ条約」に加盟しているので、国際免許証は観光及び商用等の目的で訪米した短期滞在者に対してのみ有効となります。

カリフォルニア州法は、「州内に住居を定めた日から10日以内に州政府の発給した運転免許証を取得しなければならない」

なので、カリフォルニアに「住む」場合はカリフォルニアの運転免許を取得する必要があります。

学生、駐在、オペア、配偶者、その他カリフォルニアに住むすべての日本人です。

なお、アメリカでは運転免許証取得に関する手続きは州管轄なので、カリフォルニア以外に在住の方は各州の情報をお調べください。

 

 

カリフォルニア州運転免許証を取得するには

1、ビザ(滞在資格)の残存期間が60日以上あること、

2、運転免許申請料が33ドル必要になります。

手続きする前に必ずビザの有効期限を確認、60日以上ないと免許証は取得できません

 

 

 

 

 

2015年5月15日にオペアとして渡米した私は、

仕事中運転する事が多く、カリフォルニア運転免許を取らなければいけなかったので、

ホストパパと一緒にカリフォルニアの免許センター「DMV」に出かけ、運転免許申請。

まずはハンドブック(運転マニュアル)とDL44(申請書)を窓口でもらいます。

DMVは平日朝1番に行っても並んでいる場合があるので、要注意。

窓口の人はだいたい無愛想ですが、あるあるなので気にせずに。。。

(ハンドブックとDL44はどちらもネットからダウンロード可能です)

 

 

こちらのサイトでDL44の書き方について日本語で詳しく記載されています。

DL44記入方法はコチラのサイトを参考にしました↓

カルフォルニア運転免許を取得方法、DL44書き方

 

 

 

 

DL44を記入後、筆記試験を受けにDMVへ。

申請に必要な書類を持って行きます。この書類、1つでも足りないと帰されてしまうので入念に確認してから行きましょう!私はI-94が足りてなくて帰されました!笑

(ソーシャルセキュリティナンバー、日本の運転免許証、パスポート、I-94)

2回目はとりあえずアメリカ入国時の書類は全て持って行きました。

 

 

 

*筆記試験はオンラインで予約してから行きます。非常に混んでいるので最寄りのDMVを検索して早めに予約しておくのがおすすめ

1週間後まで予約がいっぱいの場合もあるので早めに見ておいた方がいいです。

 

こちらがDMVサイトになります↓

www.dmv.org

 (1番上にあるSerchの欄に自分の住所を入れて検索すると、最寄りのDMVが出てきます )

 

なお、カリフォルニアではほとんどのDMV日本語筆記試験を受けることができるので、英語の問題を練習する必要はありません!

 文章問題36問、標識問題が12問で合格基準は誤問6問まで、再試験の方は3問までです。

日本の試験に比べると簡単ですが、時が経ってかなり忘れていたのと落ちたくなかったので問題をしっかりと暗記して望みました。

選択問題なので過去問題やハンドブックを暗記しておくと間違いなく合格できると思います。

 

 

 窓口のお姉さんに日本語の筆記試験問題をくださいと伝え、

 紙を渡されて、「空いてるところでやってきて、終わったら持って来てね」と

筆記試験は立ってやるスタイルで日本よりもかなりカジュアルな感じで行われています

机に向かって静かな場所でやるのを想像していたのでかなりビックリ笑

終わったらテストの答え合わせをその場でしてもらい、合否確認。

英語で試験を受ける場合、単語や文章の意味がわからない時はDMVの試験管に聞くと身振り手振りで意味を教えてくれることもあるみたいです。

わからない時はわからないから説明してほしいと聞いてみるといいかもしれません!

 優しい方もいれば何も教えてくれない方もいるので、これは運ですね。。。

 

 

 

私は筆記試験は1回で合格、その場ですぐに仮免許(ただの紙)を発行してくれました。

顔写真付きですが、この写真もテキトーに撮られちゃうのでかなり間抜けな顔に。。

日本の免許証を持っている場合は、仮免許取得後2ヶ月以内に本免許を取る必要があります。

2ヶ月もあるから〜と思ってゆっくりしていると2週間後まで予約が取れないなんてこともあるので、時間がある日に早めに行くことをおすすめします。

DMVは本当にどこよりもに混んでいるので、朝イチで行くとわりとスムーズだと。

 

実技試験時に必要な書類は

1、車の保険カード(Insurance card)

2、車のレジストレーションDMV Registration card)

3、仮免許証

この3つの内1つでも忘れると実技試験は受けられません。

 

予約した時間にDMVへ行き、窓口で指紋を取り終わった後、車を所定の位置に止めて車内で試験管を待ちます。

(私は1時間くらい車で待ちました)

 

私はラッキーだったみたいで、かなりフレンドリーなお兄さん試験管。

「あ〜君ジャパニーズね。ならしっかり運転できるね!ジャパニーズは運転上手いよ」

と笑いながら雑談して、試験開始。

実技試験の紙にサインした後、停車した状態で試験管が指示したライトやシグナルを出します

テンパりたくないので指示の英語はゆっくり言ってくださいと伝えました!

(ハンドシグナルはホストママと練習したので完璧にマスター)

 

実技試験についてかなり詳しく書かれているので

参考になりました↓

カリフォルニア州の運転実技試験の合格方法

 

仮免許を取得してから毎日1時間くらい運転していたので左ハンドルにはすでに慣れていたのと、

シグナルを出すのも前日に練習したのでクリア。

間違えるよりも、英語が聞き取れなかった時は「もう1回言ってください」としっかり伝えることを心がけました。

実技で路上を走ってる時も試験管のお兄ちゃんがゆっくり英語を話してくれたのと、思っていたよりも難しくない実技試験だったので無事合格!(今思えば手抜きだったのかも。。)

5分くらいDMVの近所を走って「はい合格ね〜」で終了。

 

 

その後、窓口で紙の免許(カードが届くまでこれです)をもらい、手続きは終了

ここまでくるの長かった、、けどやっと免許ゲット!と思い有頂天。

2〜3週間で届くから、待っててね〜とのことでした。 

 

 

  

 

その後郵送されて届くはずの免許証が待てど暮らせどは届かない

2週間 そして1ヶ月が経過、しかし全然届く気配なし。

友達から、4ヶ月待ったとか半年待ったと話は聞いていたので、私も半年待つのかなと思いながら3ヶ月が経過。

仮免許(紙切れの)有効期限も切れそうだったのでまたDMVに出向くことに、

「届かないんですけど、どうしたらいいですか?」と聞いたところ 

「とりあえず仮免許証を延長したのあげるから、まだ待って」とのこと。

待ってみても、もちろん免許証は届かず。

 

 

その後に私は急遽ワシントンDCへ引っ越すことになったので、

仮免許証のままDCへお引っ越し。

新しい家に着き、ホストママに免許のことを話したところ、

「もう10ヶ月も経ってるのに届かないはずない!何かがおかしいよ」

と言われ、そうだよね〜と思い、DMV本部に電話をかけてみる。

朝9時にかけても45分待ちました(たぶん届かない人からの電話殺到)

 

 どうやら、外国人は免許合格後、情報はDMVの本部に送られるそうです

本部の法務によって合格者が合法的に滞在しているのか調べられます

そしてこの段階で書類に不備があると滞在状況の調査ができずにストップしているみたい(私はこの状況だった)

何も知らされず、ストップしていた10ヶ月 もっと早めに電話しとけば良かった。

電話を受け取った方に書類足りてないと思うから、全部送って!確認が取れたら連絡します。と言われ

提出したはずの書類をまた送り直し、その後1ヶ月連絡なし。。

しびれを切らしまた電話、今度は1時間以上待ってやっと出てくれて

「あの〜書類提出したんですけど、まだですか?」と再度確認

すると、確認してから1週間以内に連絡しますとのこと。

4日後、電話が来ました!

「もう必要書類は揃っているから、2週間以内には免許証が届くと思う」

今度こそ、届くはずと信じて待ってみる。

1週間後、ポストの中にはDMVからのレターが!ちゃんと届きました、運転免許証!

 

 

 

1年越しの運転免許証がやっと手元に、、

それはもう涙も出るほどの喜びでした。

 

f:id:hiroko-saguchi-0228:20170527113414j:plain

 

やっと届いた運転免許証

カリフォルニアの免許、デザインが可愛いんですよね。

California Republicの旗のくまさんが入っていたり、

なぜか葛飾北斎の浮世絵っぽいのも入ってますね、これはなんでだろう?

この後すぐ免許がエクスパイアになったのでバージニアDMVに出向き、免許更新

なんと4日で届きました、仕事が早いなバージニア

 

 

今現在もバージニア州の運転免許証なんですが、写真も白黒でデザインもシンプル。

他州の免許もたくさん見てきたけど、やっぱりカリフォルニアが1番かわいい!

IDとして持ち歩く免許証、アメリカ生活には欠かせません。

運転が必要ない方でもDMVに行けば身分証明証のIDだけ発行してくれるので、大きなパスポートを持ち歩く必要はなくなりますよ〜

 

 

ググるとたくさんヒットするこのDMV問題。

みなさんも無事免許をゲットできますように。。届かなかったら即電話しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャスティンビーバーも大好きな映像監督のローリークレイマー(Rory Kramer) 彼の人生観が素敵すぎる!

 

 

こんにちは。

週末旅行からDCに戻って来ました。

ホストファミリーと久々のロードトリップ。

いかに低予算で収めるかを重視している私のひとり旅では宿泊できないリッチでデラックスなホテルに泊まらせてもらい、ご飯はカニとステーキ。そしてお酒。

ヒロがオペアとして行く最後の旅行になるからね〜と一生懸命プランを考えてくれたホストママ、片道6時間を往復運転してくれたホストママ。

そして午後はほとんど休みにしてくれたホストママ。

食べて助手席で居眠りしてばっかりのオペアなのに可愛がってくれてありがとう。

帰り道は渋滞の中、山手線ゲームに付き合ってくれた優しい自慢のホストママです。

 

 

 

 

 

 

 

 


Avicii - The Nights

 

突然ですがみなさん

このPVに出てるとーっても楽しそうなロン毛の彼、誰だか知ってますか?

彼はただPVに出ている俳優さんではありません。

そう、彼こそが私もカナダ出身の大スター、ジャスティンビーバーも大好きなローリークレイマーです。

 

 

一体、彼は何者なんでしょうか?

私も数年前にこのPVを見てからずっとファンですが、今でもいまいちわかりません。

彼のインスタグラムによると、ローリーは「Professional life liver(人生のプロ)」だそうです。

かっこいい。 インスタ見るだけでも惚れちゃいます、彼の生き様に笑

高いとこからジャンプしたり(半端ないです)、車の窓ガラス割ってみたり、トランプのモノマネしてる動画アップしたり。

とにかく彼のインスタは何を見てもワクワクして楽しい、そして愉快でクリエイティブ。

スナップチャット機能(24時間で消えちゃうやつ)も1日15回くらい、かなり頻繁に更新していて

それもとにかくおもしろいんでついつい見ちゃうんです。

 彼には人を引きつけるパワーがあるんだと思います。とゆうか見ていたらハッピーになる!

 

 

 

 ローリーは人生のプロとして生きているだけではなく、とってもマルチに活躍しているんです。

世界的に有名なDJのツアーに同行し、ライブビデオを作ったり

USチャートで12週連続1位をキープして去年ラジオで毎日毎時間かかっていた The chainsmokers  の大ヒット曲「Closer」のリリックビデオを作ったり。

この曲毎日かかってたなぁ去年。歌詞見なくても全部歌えちゃいます。

そしてフォトグラファーとしても活動してるそう。

高い場所から飛び降りるエクストリーム・ジャンパーでもあります。水上スポーツもかなりの腕前。

 

 

 

 


The Chainsmokers - Roses ft. Rozes

 このビデオもローリーが作ったもので、

彼がThe chainsmokersに同行して行った世界各国の映像を彼らの曲ROZESに合わせて作ったもの。ちなみに日本も出て来ます!

このMVを見るたび旅に出たい気持ちを掻き立てられます。

 

 

 

 

 

今や売れっ子フォト/ビデオグラファーとなった彼ですが、

Ted talkで彼の30歳からの新しい人生について語っていました。

 

夢と目標もないまま大学を卒業して周りと同じように新卒で就職した

朝の9時から17時まで働いて、そんな人生を歩むのが正しいとその時は思っていたんだ。

趣味だった映像制作もだんだんやらなくなって、

「周りの人生楽しんでる奴らが羨ましい」「仕事に行きたくない」

「なんのために仕事をしているんだろう?」ネガティブでな事ばっかり考えていた。

辛すぎて現実から目を背けるために仕事前、ウォッカを飲んで仕事に出勤していたし、

 ネガティブなことばかり言って、友達からは、君といるとネガティブな事しか言わないから、僕は君とはもうつるみたくないと遠ざかられ、生きる意味を見失って、仕事も楽しくなかった。

 

そんな時、お母さんが甥っ子に

大きくなったらローリーみたくなりたい?

って聞いたんだ。そして俺はその時、絶対甥っ子にはこんな大人になってほしくない。

甥っ子に誇れるような人生を歩みたいって思い始めて、また映像を作り始めたんだ。

そしたら僕の映像をYoutubeで見てくれたDJがいて、彼に会って俺の人生は変わった。

人生を変えるチャンスだと思ったし、このままやりたくもない仕事を続けてネガティブな生活を送るのはもう嫌だった。

ライブに同行して写真と映像を撮るようになってから、趣味だった事が少しづつ仕事に変わって

行きたくなかった前の仕事も辞めて、今はこうして生活している。

 

 俺が言いたいのは、好きなことを仕事としてやっているってゆうのは

働くって感じないんだ。僕はただ好きなことをやっているだけで「働いてはいない」

いつもそんな感覚で仕事をしている。

 

だから、自分の生きたい人生に生きて、ハッピーでいたい。

俺はあのネガティブで陰気な実家に住んでいたどん底の時期があったからこそ、今ハッピーでいられる。

俺は恐怖が大好きだし、そんなの怖くない。

失敗して、恐怖を感じて、学ぼう。周りと自分を愛して自分の人生をクリエイティブしよう。

 


Fear is your friend | Rory Kramer | TEDxMilpitasHighSchool

 

 

 

ふさぎ込んでいた時期から心機一転して、彼の人生はネガティブからハッピーに変わりました。

楽しそうなローリーしか見たことないので、最初彼の人生について知った時はびっくりしたけれど。

彼は「俺にもできたんだから、君にできないわけがない。否定的なコメントとかネガティブな事を言ってくる奴はほっておいて、自分の人生を生きよう」ってインスタに書いてました。

 

 

 

私はローリーみたいなハッピーで自分が好きなことをやって、生き生きとしてる人が大好きです。

楽しそうで、パワフルで、好奇心旺盛で。

 

 そして、自分も自分の人生楽しく生きたい!って思ってアメリカに来ましたが、

来る前は「英語話せないのにどうやって生活するの?」

「将来の事も決めていないのに海外なんて行ってどうするの?」

と、色んな面で否定的な事を言われたりもしました。

どうしてそんな事言うんだろうって悩んで傷ついたりもしたけど、

そうゆうネガティブなコメントを言う人にはわからないんですよね、きっと。

価値観とか、人生観が違うから、わかり合えないんだと思う。

理解もしてないのに否定的なコメントを言ってくる人より、自分を応援してくれる人を大切にしようって気づいた。

 

 

 

 

自分のゴールや目標、そして好きなことを自信もってやってる人って、輝いてるし素敵だなぁっていつも思います。

ただお金稼ぎのために仕事やっている人より、私はそうゆう目標があって生き生きしてる人が素敵だなぁって思う。

 

 

 

考えるよりも、行動してみる。

新しいことにチャレンジする時、恐怖があるのは当たり前。

失敗を恐れないで、飛び込んでみる。

その先には今見えないものがあるはず。

 

 

Stop thinking, just live.

 

 

 

 

オペア、アメリカ生活に関しての質問はコチラから↓

 

docs.google.com